私は現在、32歳のサラリーマン男性です。

7年前に結婚し、今では2人の子供の父親です。

昔から釣りやキャンプなどがアウトドアが好きで、休みの日よく外へ出かけていました。

子供ができ、家族で行動するようになってからは、同世代のパパママ友達とバーベキューすることも増え、今ではあまり意識しなかった道具選びに興味を持つようになってきました。

その中で最近購入したバーベキューグリル、ウェーバーの『ジャンボジョーグリル』というバーベキューグリルをご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

ウェーバーはアメリカでトップシェアを占めるグリルメーカー

ウェーバーは、バーベキューの本場アメリカでトップシェアを占めるグリルメーカーです。

熱や高温に非常に強い

鋼鉄の表面をホーローでコーティングされたチャコールグリルで、熱や高温に非常に強い構造です。

そして、日本でよく見る四角い箱のようなグリルとは見た目もことなり、蓋付きの球体のような形が特徴です。

様々な種類があるのですが、その中でも比較的持ち運びに便利なジャンボジョーグリルというタイプを選びました。

私が買ったのは足が短いタイプで、高さは約50センチです。

本場アメリカのバーベーキューの楽しみ方ができる

一番の魅力は何といっても分厚い肉でも楽々焼けるということです。

蓋付きのグリルで形状が丸の為、熱が満遍なく伝わる構造になっています。

薄い肉をただ焼くだけがバーベキューではない!

昔からバーベキューといえば細かい網の上で、薄い肉をただ外で焼くというスタイルでした。

その時はただ大勢でワイワイ言いながら食べることがバーベキューの楽しみ方だと思っていました。

しかし、家族でバーベキューをやるうちにバーベキューの楽しみ方を探求するようになりました。

そうしているうちに、本場アメリカのバーベキューは分厚い肉を焼くことだということを知りました。

バーベーキューの楽しみ方はもっと色々ある!

分厚い肉と一言にいっても様々あり、オーソドックスに牛ステーキもあれば、ステアリブのような骨つき肉、さらには鶏肉を丸ごと一羽なども焼けてしまいます。

調理の方法も色々とあり、焼いた肉をタレにつけて食べるという食べ方ではなく、下味をつけて焼くのが一般的です。

色々な肉を楽々と焼けることから、バーベキューで肉を焼くことの楽しみ方を知ることができました。

下味のつけ方や、調味料の種類、肉の部位などはもちろん、炭の種類や炭の配置による火加減の調整などにも興味が湧き、バーベキューについての知識がどんどん深まっていきました。

これもジャンボジョーグリルというアイテムに出会えたからだと思います。

良くも悪くもアメリカっぽい商品

欠点をあげるとしたら2点あります。

コンパクトさは無い

まずは持ち運びがしづらいということです。

そもそもウェーバーのグリルはアメリカの広い庭でバーベキューをやる想定で作られています。

その為、持ち運び出来るようにコンパクトに収納することができません。

その為、運ぶ際にかなりかさ張ってしまいます。

薄い肉を焼くのには向いていない

欠点の二つ目は網の目が荒いことです。

前述した通り、ウェーバーのグリルは分厚い肉でも楽々焼ける特徴があります。

基本的には、分厚い肉を焼く想定で作られている為、網の目が1センチほどでさらに格子状になっていません。

つまり、焼肉用の薄い肉を焼こうとすると下に落ちてしまいます。

個人的にはそれでいいのですが、大人数でバーベキューをやる時は焼肉用の薄い肉を食べたい人もいる場合があるのでその時は適さないグリルです。

蓋つきグリルだから、燻製も楽しめる

基本的な魅力は、分厚い肉を焼けるということですが、他にも魅力はあります。

まずは、機能面で燻製も楽しめるということです。

専用のチップを入れるだけで手軽に燻製が作れる

蓋付きのグリルの為、炭の中に専用のチップを入れることで手軽に燻製を楽しむ事ができます。

通常、燻製を作ろうとするとそれだけの為に燻製器を用意するというイメージで難易度が高い印象がありました。

しかし、ジャンボジョーグリルがあればあとはチップを購入するだけで楽しめる為、非常に便利です。

チップの種類も様々あり、食材や気分によって色々と試してみるという新たなバーベキューの楽しみ方も出来るようになりました。

キャンプ場などでドヤ顔できる!

そして、グリルの機能面以外でのメリットもあります。

それは見栄です。休日になるとたくさんの団体が公園やキャンプ場などでバーベキューをしています。

ほとんどがホームセンターなどで販売している四角い箱のようなタイプのバーベキューグリルを使い、薄い肉を焼いています。

そんな中、本格的なグリルを使い分厚い肉を豪快に焼いているとそれだけで注目される事は間違いありません。

完全に自己満足ではありますが、ワンランク上のバーベキューをしているんだという優越感を感じながら楽しむ事ができるのもウェーバーのグリルの魅力ではないかと個人的には思っています。

バーベキュー仲間の反応はとても良い

実際に、ウェーバーのグリルを使ってバーベキューをやると仲間の反応も良く、みんな食べることだけでなく、焼くことも楽しめるようになりました。

機能的にもすぐれ、さらに優越感を感じることが出来るこのバーベキューグリルは是非ともオススメです。

ワンランク上のバーベキューを楽しみたい人にオススメです

私が最近購入した、ウェーバーのバーベキューグリルはバーベキューの楽しみ方を探求するきっかけとなったアイテムであり、バーベキューの幅を広げてくれました。

日本人のバーベキュー文化にはまだまだ浸透していない為、使いづらいところももちろんありますが、それを上回るメリットがあると私は思います。

バーベキューで色んな肉を焼いてみたい、今の野外焼肉パーティーから卒業してワンランク上のバーベキューを楽しみたいと思っている人には是非とも使って貰いたいアイテムです。