私は20代で会社員をしており、不定休のため趣味に使う時間があります。

私がウェイクサーフィンに出会ったきっかけは知り合いのプロスノーボーダーの方に勧められて体験してみたのがきっかけです。

まだ世の中にあまり知られていないウェイクサーフィンの魅力や方法、実際に体験できる場所についてお伝えできたらと思います。

今年度よりウェイクサーフィン協会が発足し、今後プロを目指す人や趣味・余暇活動にする人が増加すること予測されます。

SPONSORED LINK

ウェイクサーフィンとは?

ウェイクサーフィンは誰でも気軽にできるスポーツです。船の引き波を利用し、サーフィンのように板を使って波に乗ります。

サーフィンは海の自然な波がないと波に乗ることができないので、できる場所もかなり限定されてしまいます。しかし、ウェイクサーフィンは海、川、湖など多くの場所で楽しむことができます。

船を持っていないとできないのではと思いますよね。ウェイクショップへ連絡し、予約を取るとやり方も教えてくれ、道具も揃えずレンタルで気軽に楽しむことができます。

ウェイクサーフィンの方法としては船の波ができるまでの数秒はラインという紐に捕まって板の上に乗ります。波ができれは紐を放し、波に乗ることができます。

難しいのではと思うかもしれませんが、初めて体験した方の8〜9割は15分もかからず、立つことができ波に乗れるようになるので、男女問わず楽しめるスポーツです。

誰でも気軽に楽しめるのが魅力

ウェイクサーフィンの一番の魅力は誰でも気軽に楽しむことができることです。

私が知っている中では下は小学生、上は60代の方もみんなで楽しみながら行っています。

初めて体験した時は本当にできるのか、楽しめるのか疑心暗鬼でしたが、1度で体験しただけでウェイクサーフィンにどハマりしてしまいました。

初めて板の上で立てた時一緒に船に乗っていた友人や教えてくれる方のスタッフの歓声も快感でした。

それから休みには友達とウェイクサーフィンに通い、上手に滑れるようになると新しい技もたくさんあり、練習しました。

新しい技ができるようになった時の喜びや一緒に喜んでくれる周囲の反応も楽しめる1つとなっています。

また、マリンスポーツのため夏しかできないのではと思うかもしれませんが、年中楽しむことができます。

夏は水着で、冬はドライスーツと言って服を着たまま、スーツを着用することで中に水が入ってくることなく防寒されるので1年を通して体験できます。

ウェイクサーフィンをやるのに必要なもの

ウェイクサーフィンはマリンスポーツのため海や川、湖のある場所でないとできません。内陸地の土地では車や移動費用が必要となってきます。

船の引き波を利用して行うので、ウェイク用の船を持っていないとできません。ウェイク専用の船は何百万と高額なので、所有している方はほとんどいないと思います。専門のショップへ連絡し、予約を取る必要があります。

実施するショップにもよりますが、値段は1回の体験が15分程度で3000円〜4000円程度必要となるので、短時間で高額なスポーツとなります。

時間やお金に余裕のある方は始めやすいスポーツですが、家庭のある方などは費用もかさむため継続していくのは厳しくなってくると思います。

世界的にも国内的にもウェイクサーフィン人口は急上昇

ウェイクサーフィンは老若男女問わず、みんなで楽しむことができる船の引き波を利用して波に乗るマリンスポーツです。
夏は水着で、冬はドライスーツという防寒具を着用して1年を通して楽しめます。

また、複数人が船に乗るため、誤って溺れた場合でも迅速な救助が可能であり、安全性の高いスポーツです。
私は3年程度ウェイクサーフィンをやっていますが、今まで怪我をした方や溺れた方は見たことはありません。

通常の海で行うサーフィンは波が来るまではひたすら待ち、波が来なければ楽しむことができません。
しかし、ウェイクサーフィンは船の引き波を利用するので波待ちをすることなく、長時間波に乗ることができます。

現在、ウェイクサーフィンの知名度はあまり高くありませんが、今年度より一般社団法人日本ウェイクサーフィン協会(JWSA)が発足し、世界的にも国内的にもウェイクサーフィン人口は急上昇しており、全国各地で大会なども開かれており、今後大人気となるマリンスポーツの1つです。

日本ウェイクサーフィン協会に加盟している店舗が全国各地にあるため、ウェイク専用の船を所有していなくても電話一本で予約をとり、体験することができます。

必要物品は加盟店でレンタルすることも可能であり、新しく道具を揃えることなく始めることができます。

また、加盟店ではインストラクターの方もおられるので、丁寧に波に乗る方法を教えてくれます。
せっかく行ったのに波に乗れなかったということはほとんどなく、コツを掴めばすぐに波に乗れるようになります。

一般社団法人日本ウェイクサーフィン協会 JWSA
http://japan-wakesurfing.com/wakesurfing/

まとめ

ウェイクサーフィンは老若男女問わず、みんなで1年を通して楽しめるマリンスポーツです。サーフィンのように波待ちをせず、船の引き波を利用して、長時間波に乗ることができます。

また、複数人船に乗り込むため、万が一の時にも救助が可能であり、安全性の高いスポーツです。

しかし、ウェイクショップで体験すると実際波に乗るのは15分程度で3000〜4000円と高い費用が必要なため、時間とお金がなければ継続していくのは厳しくなると思います。