携帯電話をガラケーからスマホに買えるタイミングで、これまでのような2年縛りから解放されるために格安SIMを比較検討し始めました。

多くの格安SIM会社が似たようなサービスを展開している中、他のサービスとは全く異なる次元の格安SIMに出会いました。それが0SIMを使うようになったきっかけです。

いまから、その0SIMの概要、メリットとデメリット、お勧めできる人とできない人について、詳しく説明していきます。

SPONSORED LINK

「0SIM」とは?

0SIMとは、ソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net・ソネット)が提供している、条件付き完全無料の格安SIMサービスです。

「デジモノステーション 2016年2月号(2015年12月25日発売)」の特別付録として同梱されたSIMカードが0SIMの起源であり、2016年1月から正式に格安SIMサービスとしてリリースされました。

0SIMのデータ通信料金体系は至ってシンプルで、月間通信量500MB未満は無料です。0SIMは3つの基本プランから選ぶことになります。つまり、0円で運用するには、データ専用プランを選ぶ必要があります。逆にSMSが必要なら150円、音声プランは700円が加算されます。

とにかく安いところが好き

このSIMの一番の魅力は、なんといっても500MBまで0円だということです。

キャリアからの乗り換えする際の最強プランは、ずばり「データ+音声プラン700円」です。
データ通信プランを申し込んで、050電話のみで運用することも不可能ではありませんが、050電話には以下のような弱点があります。

・110や119などへの緊急通報をかけられない
最寄りの警察署へ電話するという手段は現実的だと到底思えません

・フリーダイヤル(0120)にかけられない
クレジットカード会社などの一部サービスでフリーダイヤルへの発信が必要なります

通信速度が期待できず、大容量を使ったのでは損なので、自宅にWIFI環境があることが大前提になります。

つまり、0SIMの500MBというのは、日中のメール確認や、出張時の電車ルート検索など、限られた使い方、または緊急時用と割り切るべきです。
もちろん、ネットサーフィンを短時間するくらいでは月間500MBもいきませんので、安心してください。

メインスマホ用として使うのには厳しい

そもそもが無料で500MB使えるという、ビジネスの常識からすればあり得ない格安SIMサービスです。ある意味で実験的とも言えますが、通信速度を期待して大手キャリアから乗り換えるべきではありません。

格安SIMは一般的に通信速度が出ない傾向にあり、その中でも、通信速度はかなりおそい部類に入ります。動画を見たり、大容量のファイルをやり取りすることには不向きです。

データ専用プランとデータ+SMSプランに限定されることですが、3か月連続してデータ通信の利用がないと、自動的に解約となります。

せっかく登録事務手数料を払ってサブスマホ用に入会したのに、使用するのをうっかり忘れてしまうと、勝手に解約になってしまいます。全く使うつもりがないのであれば、申し込みをしないほうが無難です。

リリースされるやいなや、爆発的な人気に

0SIMがリリースされるやいなや、爆発的な人気が出ました。一時は 「デジモノステーション 2016年2月号」がヤフオクで高値で出回るという事態までが起こります。

これは、雑誌の付録SIMであれば、通常の登録事務手数料3,000円がかからないという特典が付いていたためでもあります。

0SIMの限られた回線環境にも関わらず、申し込みが殺到したため、2016年8月から申し込み日を0のつく日に限定するという対応が取られました。

この規制の実行力があったかは定かでありませんが、2016年12月からは、申し込み日を制限しない代わりに、月間申し込み回線数の上限を7,777枚に限定するという措置が取られました。

トップページに今月の残り枚数が表示されるようになっており、月末までに売り切れるという事態も発生しました。このような変遷の末、最終的に2017年5月からは規制が撤廃されています。

0SIMの音声プラン料金体系は、他の格安SIMと同じように700円が加算されます。通話料金に関しては、「nuroモバイルでんわ」アプリの使用によって、通常料金の20円/30秒が10円/30秒まで割引されます。

仮に月に60分通話した場合の料金は1,200円になります。なお、他にも「10分かけ放題」オプションが設定されており、800円で10分以内の通話がかけ放題になります。

このオプションはユーザーから評価が高く、基本料700円にかけ放題オプション800円を足した1,500円で、多くのユーザーが満足できるプランが完成します。

留守番電話が300円/月、キャッチホンが200円/月でオプション設定されていますが、あまりニーズは高くないと言えます。

まとめ

最後にまとめですが、0SIMは以下のような人には最適の格安SIMになります。逆に、以下とは真逆の人にはお勧めできない商品になります。

ぜひともキャリアからの乗り換えを検討し、通信料を見直すきっかけにしてください。

・通信料を本気で見直したいという決意がある
・キャリアから格安SIMへの乗り換えに抵抗がない
・自宅にWIFIがあり、外ではほとんどネットをしない
・通話はほとんどしない、または10分以内の短時間の通話のみ