下は2歳~上は10歳の3人の子どもを持つ、専業主婦です。

東京にほど近い田舎に住んでいるのですが、実は田舎は嫌いでした。しかし、子どもを育てるうちに、魅力に気づき、自然が好きになってきました。

海で思いっきり遊び、野山を駆け巡る楽しさって、開放的で、騒いだって誰も文句なんていわないし、むしろ少子化の中喜ばれることも。

そんな自然環境の中、『ロゲイニング』との出会いがあり、大きく私の心も体も動かされていくきっかけになりました。

SPONSORED LINK

『ロゲイニング』とは

この『ロゲイニング』という言葉、元々知っていた!という方の方が少ないのではないでしょうか?

わたし自身も、今回初めて知りました。

とーってもザックリと説明すると、山里の中で地図とコンパスを片手に、動き回り、指定されたポイントを探し、写真を撮るという、スポーツの大会です。

もっと簡単に説明すると、そのスポットは必ず全部順番通りに通らなくてはいけないというものではなく、より高いポイントの場所(要するに難所が多いです)を自分たちで決め、めぐっていく、オリエンテーリングのようなものです。

そして、渡される地図には、写真が載っていて、その写真と同じ場所で、写真を撮る人以外、メンバー全員が入っていないと、得点にはなりません。

タイムレースなので、時間内に戻ってこれないと、どんどんと減点されてしまいますよ。

この『ロゲイニング』、わたしの住んでいる場所から割と近い場所で開催されたので、遠く知らない土地からくる方々よりも、ラッキーな条件だったはずなんです。

しかし、参加される多くの方は、本格的な登山経験者や、トレッキングを楽しんでいる方々がとても多くて、遠くから来たとか、近くに住んでいるから有利なんてことは全くありませんでした。

誰でも楽しめる敷居の低さと、上級者もガチで楽しめる難易度が共存してるところが好き

この『ロゲイニング』のワクワクポイントは、親子で参加できること、仲の良いお友達とも、ワイワイ野山を歩き回り、スポットを探すことではないでしょうか。

もちろん、ガチの方も大勢いらっしゃいました。

念入りにストレッチをし、入念にスポットをチェックしてからのスタートなど、初心者からトレッキングの中級者、登山や走ることにたけている上級者など、それぞれが、自分たちの目指すところや、楽しみを目的に、参加できるんです。

今回は、里山メインだったので、山への登頂を目指し、景色を満喫するもよし、気合が入った1位を目指す方々は、もうはじめっからどんどんと走って行っていく上級者を横目に、わたし達は里山を楽しむ、そして知らない景色を見に行く!を目的に、歩き出しました。

始めるのに必要な準備

とはいっても、やはり、この『ロゲイニング』には、少しの準備と心構えが必要です。

唯一デメリットといえば、デメリットなのかもしれないですが、わたしは準備段階からとても楽しめたので、むしろ知らないことを知れて嬉しいなという思いです。

とりあえず、これは準備を!というものを、書きますね。

まず、なにはともあれ3時間と5時間コースがあるので、それなりの体力作りは必要になってきます。

そして、25000分の1の地図と、コンパスを持って回ることになるので、地図が読めないと全く話になりません。

そして、これがもしかしたら、一番大事なのかもしれないですが、仲間と一緒に行動するので、協調性や、個々の役割が大切になってきます。

疲れてくると、仲間割れもしやすいですしね……。

女性は山ガールをファッションを楽しもう!

『ロゲイニング』の楽しみは、やはり里山を駆け巡ることですが、やっぱり、せっかく山を楽しむのだから、少し前にはやった『山ガール』な服装をしてみるのもいいかと思いますよ。

わたし自身、恥ずかしながらこの3か月前まで、トレッキングという言葉すら知らなかったのです。登山なんて、全く興味もなかったし、そもそも体力もなく、運動神経はゼロに近いですね。

だけど、お友達同士で、この『ロゲイニング』という全く未知な世界の話をしているうちに、なんだか無性にワクワクしてきてしまって、勢いで応募してしまいました。

でも、それが良かった。

まずは、図書館に行き、『山と渓谷』という素晴らしい登山雑誌と出会いがありました。それから、様々な登山初心者用の本を購入したり、コンパスの読み方や、地図の見かたを、独学で勉強しました。まぁ、なんとなくなんですが……。

そして、やはりテンションを上げるアイテムといえば、オシャレですよね。

初めて、登山用品店に行き、あーこれが山ガールファッションなのね!と、ワクワクしながら、お買い物をしました。

本にも、一番大事なのは、トレッキングシューズ選びと、レインコートだと詳しく説明されていたので、こちらは専門のシューフィッターさんと、真剣に何足も試し履きさせていただき購入しました。

レインコートも、登山用は軽くて、高防水性と、高透湿性が大事だということを聞き、予算の中からオシャレで、テンションが上がるようなものを購入しました。(実際、ロゲイニング当日は雨の中の開催だったので、大いに役立ちました)

トレッキングシューズも、高防水性、高透湿性のものを選んでおいたおかげで、ぐちゃぐちゃな山の中も、全く濡れることなく快適にすごせましたよ。

そうそう、トレッキングシューズは、何日か前から、ウォーキングしながら、靴ずれしないように、慣らしておくのもポイントですよ。

まとめ

『ロゲイニング』、初めての挑戦でしたが、もうホントに楽しすぎて、来年もまたチャレンジする予定です。

自分たちで決めたポイントをまわって、景色も楽しめ、会話も弾む。空気もおいしいし、大人になって野山を駆け巡る機会なんて、そうそうないので、とっても楽しめる新感覚スポーツですよ。

アウトドア好きなお友達がいたら、誘ってみてはいかがでしょうか。

そうそう、まずはストレッチや体を動かすこと、ジョギングなどの基礎トレーニングをして体力づくりをしていくことをオススメします。

きっと、とても楽しめますし、優勝目指すのもありです!