世界一のスポーツであるサッカーに関しては、老若男女を問わず、誰もがある程度は注目や関心があるでしょう。
日本代表なら香川や本田、海外ではメッシやクリスティアーノ・ロナウドなどは大変有名ですよね。

でも、これら以外の選手となると、途端に注目されないものです。世界のベストプレイヤーと呼ばれても、日本では未だにベッカムやジーコの方が有名でしょう。
私が悔しいのは、そこなのです。

確かにサッカーというスポーツは世界一の人気ですが、日本では代表戦しか人気がなく、それも実力ではなく特定のCMなどに出ている選手だけです。

そうではなく、パウロ・ディバラ選手のような今後の大注目選手を知ってほしいのです。

SPONSORED LINK

パウロ・ディバラとは?

海外サッカー通ならその名前を知っているでしょう。アルゼンチン代表で、イタリアのユベントスで絶対エースとして活躍するのが、パウロ・ディバラ選手です。

私がなぜ、こんなにこの選手を紹介したいのかと言うと、それは現在23歳と若くて、そしてイケメンでプレイも超一流だからです。

40代やそれ以上の上の世代なら、日本でサッカーW杯が2002年に開催された事を覚えているでしょう。

あの時に注目されたのは、日本代表はもちろんですが、イケメン選手のベッカムやトルコのイルハン選手なのです。

どうしても、サッカーというスポーツよりも、そのルックスが重要視されて、それが大人気になるのが日本の特徴なのです。

では、ディバラ選手はどうかと言うと、ベッカムと同等のルックスがあり、プレイも文句なしで何よりも点を量産するゴールゲッターなので、試合でも大活躍が期待できるのです。

若いのに成熟したプレイを見せる

ディバラ選手を数年前に知った時は、その若いのに成熟したプレイに大半驚きました。サッカーがチームスポーツなのは誰もが知っているでしょうが、これは大変残酷な面があるのです。

個人プレイなら、自分だけが才能があれば勝ち続ける事ができますよね。もちろん、過酷な努力や練習は必要ですが、それが報われる可能性が大きいのです。だって、本人に才能があるからです。

しかし、チームプレイだとそうはいきません。特にサッカーの場合は、一人だけが凄い才能があっても、仲間がボールをパスしてくれないと、何も始まらないのです。

これが意味するのは、最初から強いチームに属して、優秀な仲間がいる方が圧倒的に有利です。
批判も覚悟で言うなら、メッシやロナウドはこの恩恵を大変受けています。

しかし、ディバラ選手は違うのです。在籍するユベントスは強豪チームですが、それでもメッシやロナウド程は恵まれていません。

それでも、彼らに匹敵する活躍を重ねて、おまけに何度も言いますがイケメンなのです。

まだプレイに荒削りな部分がある

ディバラ選手はまだ若いので、荒削りの部分もありますが、そこが欠点でもあり特徴なのです。

例えば、サッカー選手は若いと、代表で活躍するのは難しいとされている面があります。

なぜなら、クラブチームでは常に練習を一緒に行う仲間がいますが、代表では急きょ集まって、そこで数日後に試合開始となります。
だから、代表では20代半ばから後半ぐらいの脂が乗った選手を重宝されます。

さらに、ディバラ選手のアルゼンチン代表には世界一のサッカー選手とされるメッシがいるのです。
これは、サッカーファンでも意見が分かれるでしょうが、一つのチームに王様は二人いらないのです。

だから、メッシとディバラ選手が一緒に試合に出場し、活躍した事はほとんどありません。
否、メッシの陰で目立たず試合に出れないのが、ディバラ選手なのです。

今後、世界一の選手になる期待を持てる選手

サッカーとは不条理な面があって、どんなに大活躍しても、代表とクラブチームの両方で結果を残さないと、マスコミやファンから叩かれます。

これに苦しんできたのが、メッシであり、今はディバラ選手なのです。

若いディバラ選手なら、今後のアルゼンチン代表を引っ張る可能性も十分ありますが、同時に今度はメッシとの比較という、とんでもないプレッシャーが待っているでしょう。

ではディバラ選手がどうなるかというと、私は案外に余裕で今後も大活躍をすると、思っているのです。
現在、メッシやロナウドは30代に突入し、今後は20代から誰が次世代の世界一選手になるか、バロンドールを取るか注目されています。

その第一候補が、個人的にはディバラ選手だと思っているのです。
多くの声では、ブラジル代表のネイマールを推す人が溢れていますが、私は違うと思います。

ネイマールもプレイに華があり、ブラジル代表はとても強いですが、彼はヤンチャ小僧のイメージが強いのです。
彼のファッションも往年のヒップホップスターのようです。

しかし、ディバラはまるで映画黎明期から登場した、本当の有名俳優の様な雰囲気があります。
過去のサッカー界を振り返っても、こんなに若いのに外見も整い、プレイも素晴らしい選手は皆無だったと思います。

この事から、本当なら日本の女性こそ、ディバラ選手に夢中になって欲しいのです。ベッカムやイルハンを大応援したなら、彼の美男子ぶりが絶対に理解できるはずなのです。

アルゼンチン代表は無事に来年開催される2018年ロシアW杯の出場権を獲得しました。
その時に、急にイケメン選手として注目するのではなく、今から知っておくと、にわか女性ファンに対して鼻高々と自慢ができますよね。

まとめ

クラブチームのユベントスでは絶対的エースとして大活躍するのが、イケメンのストライカーのパウロ・ディバラ選手です。

しかし、アルゼンチン代表ではメッシ選手の陰に隠れ、どうもパッとしません。

世界一のサッカー選手の称号もメッシやロナウド、そして若き次世代スターでも、ブラジル代表のネイマールの陰となっているのは否定できない事実です。

しかし、彼には映画スターのようなルックスと、プレイ面でも世界一を名乗れる程の実力が備わっています。
来年には、ロシアでW杯も開催されますし、イケメン好きなら絶対に注目選手としてディバラの活躍を期待してみて下さい。