私は人や環境に優しいものが好きで、いつも自然豊かな場所で暮したいと願っているタイプの人です。私が今回紹介するものは、無添加石鹸です。

私が無添加石鹸と知ったきっかけは、インターネットで健康に良いものを紹介しているサイト見ていた時に、「合成洗剤よりも石鹸のほうが肌に良い」という記事を読んだ時に知りました。

私は元々自分の祖母や母親が自然なものが好きで、自分の母親は洗濯をする時に粉石鹸を使って洗濯をしてくれていました。多分私が人や環境に優しいものが好きなのは、自分の祖母や母親の影響だと思っています。

SPONSORED LINK

無添加石鹸とは

私が今回紹介する無添加石鹸というのは、水と石鹸素地で出来ていて、香料や着色料や保存料が入っていないシンプルな成分の石鹸のことです。

無添加石鹸が成分がシンプルなので肌に優しいですし、環境にも悪影響を与えないので環境にも良い石鹸です。

無添加石鹸では無い、よくお店で売っている香料や着色料や保存料などの添加物が色々と入っている石鹸は、肌に良くないですし環境にも悪影響を与えてしまう石鹸なのです。

なので、手や体や髪の毛を洗う時や洗濯物を洗う時や食器を洗う時は、よくお店で売っている添加物が色々と入っている石鹸ではなくて、無添加石鹸を使うようにすると良いです。

そうすれば肌が荒れることも無いと思いますし、無添加石鹸は値段も安いので経済的にも良いですし、環境にも悪影響を与えないので総合的に良いと思います。

自分を洗うのにも食器などを洗うのにも使える優しさで、コストパフォーマンスも高いところが好き

私が今回紹介する無添加石鹸の1番の魅力は、とにかく成分がシンプルなので肌に優しい使い心地ですし、手や体や髪の毛を洗う時以外にも洗濯物を洗う時や食器を洗う時にも使えるので、家に無添加石鹸があれば他の石鹸や洗剤は無くても済むので、とても経済的ですし便利なので良いと思っています。

今は色々な石鹸や洗剤が売られていますが、無添加石鹸に勝るものは無いと思っています。

無添加石鹸は色々なメーカーから販売されています。ミヨシやシャボン玉石けんやパックスナチュロンなど、本当に色々なメーカーから販売されているので、色々なメーカーの無添加石鹸を使い比べてみるというのも楽しいです。

無添加石鹸はそのメーカーによって若干香りが違うので、どれが1番無臭の石鹸か比べてみたり、泡立ちの良さを比べてみるというのも楽しいです。

そして香りが付いている石鹸を使いたいな~と思った時は、無添加石鹸とエッセンシャルオイルを買って手作りの自然な香りがする石鹸を作って使うことも出来るというところも好きです。

唯一の欠点は香りがしないこと

私が今回紹介する無添加石鹸の欠点は、香りがほぼ無臭で良い香りがしないというところだけだと思います。手や体や髪の毛を洗う時は、とにかく香りが良い石鹸やハンドソープやシャンプーやボディソープを使って洗いたいという方には向いていません。

無添加石鹸は香りがほぼ無臭ですが、若干石鹸の油臭さがあるものや石鹸の油臭さとはまた違う薬品のようは感じのにおいがするものあるので、良い香りの石鹸しか使いたくない!という方には向いていません。

それから無添加石鹸は見た目が真っ白でシンプルな石鹸なので、お洒落なデザインの石鹸を使いたいという方にも向いていません。

その他に無添加石鹸の欠点は無いと思います。無添加石鹸の唯一の欠点は、ただただ香りがしないということだけだと思います。

敏感肌やアトピー肌など、肌が弱い人にも優しい

私が今回紹介する無添加石鹸のその他の魅力は、敏感肌の方やアトピー体質の方でも使えるということだと思います。

敏感肌の方やアトピー体質の方は肌が弱いので、香料や着色料や保存料など色々な添加物が入っていて刺激のある石鹸やハンドソープやシャンプーやボディソープを使っただけで、肌が荒れてしまうという方も居ると思います。

今ドラッグストアやスーパーマーケットに売っている石鹸やハンドソープやシャンプーやボディソープには、石油から合成されている添加物が入っているものが多いです。

なので敏感肌の方やアトピー体質の方は石鹸やハンドソープやシャンプーやボディソープを選ぶ時に、どれを使ったら良いか迷ってしまう方も居ると思います。そういった方は、迷わず無添加石鹸を選んで買うと良いです。

今ドラッグストアやスーパーマーケットで売っている石鹸やハンドソープやシャンプーやボディソープの中で、1番肌似優しいのは無添加石鹸だと思います。なので敏感肌の方やアトピー体質の方が無添加石鹸を買って使うと良いです。

無添加石鹸は固形の石鹸や液体の石鹸、そしてフェイス専用のものやハンドソープ専用のものやシャンプー専用のものやボディソープ専用のもの、そしてキッチン専用のものなど色々売っています。

そのメーカーによって牛脂やパーム油や菜の花やひまわり油など石鹸に使われている油の種類も違います。石鹸に使われいる油の種類によって、石鹸の使い心地も結構違ってきます。

そして無添加石鹸の液体タイプと固形タイプのものとでは使い心地が違います。無添加石鹸の液体タイプものよりも固形タイプのもののほうが、泡立ちが良くて汚れをしっかりと落とすことが出来ます。

なので色々なメーカーの無添加石鹸を使って見て、1番自分の肌に合っているものを使うと良いと思います。

まとめ

今回私が紹介する無添加石鹸は、とにかく肌や環境に良い石鹸ですし、用途も様々で色々な場面で使える石鹸なので、無添加石鹸を知らない方は損をしていると思います。

無添加石鹸はドラッグストアやスーパーマーケットで必ず売っている商品だと思うので、まだ無添加石鹸を使ったことが無い方は是非使って見ると良いと思います。

石油から合成されている添加物が入っている石鹸やハンドソープやシャンプーやボディソープしか使ったことが無いという方には、是非使って見て欲しいです。