私は現在28歳、一児の母、妊娠中の主婦です。

小学校の頃から手紙を書くことが大好きで、大人になった今でも手紙を書くこと、自分の気持ちを文章にすることがストレス発散になっています。

今回は、そんな私がお勧めするハンドメイドで一から作るレターセットの手紙の勧めについてご紹介したいと思います。

手紙の作り方はとってもシンプル、ハンドメイドに挑戦しようと思い色々と教材を買い集めてみたものの私には全く合わず、断念した私でも出来た大好きな手紙を手作りして手紙を書くこと、そのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

最近は、ネットの普及で手書きでものを書き、人に気持ちを伝えるという機会が少なくなってきました。こういう時代だからこそ、相手への感謝の気持ちを手紙という形で表現してみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

私が実際に体験した手紙の勧めについて作り方も合わせてご紹介

紹介するものは、現在私がやっている封筒と便箋を一からハンドメイドで作って手紙を書くことです。

大人になった今でも私は、ある二人の方と文通を続けています。一人は中学校の時に一年だけ同じクラスになった同級生の女の子、一人は小学校からお世話になった私の恩師です。

今までの人生で乗り越えなければならないことが沢山ありましたが、その節目節目でこの二人の友人・恩師がいたからこそ私は乗り越えられたのだと確信しています。今回は、そんな私が実際に体験した手紙の勧めについて作り方も合わせてご紹介致します。

手紙の一番の魅力

今回、紹介する手紙の一番の魅力は何と言ってもPCなどの文字では表現できない自分の手書きで綴った文字で相手に気持ちを伝えられるという点です。

字の綺麗さはあまり関係ありません。一つ一つの文字を自分なりに丁寧に書くこと、その人らしさを伝えられる点が手書きの一番の魅力だと思っています。

私は正直、字は綺麗な方ではありません。でも、手紙を書くことで丁寧に書こうと努力するようになりましたし、字に気持ちが表れるなと感じるようになってから、少しずつ上達していった気がします。上手でなくても、その人らしさ・何を考えているのか・何を伝えたいのか?これを伝えられるのが手紙の良さだからです。

また相手の都合に合わせていつでも好きな時に何度でも読み返すことが出来るというのもまたメリットの一つだと思います。私は、落ち込んだ時や辛いことがあった時はこうした友人や恩師の手紙を読み返すことで力をもらっていました。手紙にはそうした沢山の魅力が隠されていると思います。

手紙のデメリットや欠点

ただし、手紙にもデメリットや欠点はあります。

例えば、自分の気持ちを文章にして素直に表現することが苦手な方もいるでしょう。思っていることは沢山あるのに、文章として表現するとなると結局何を書いていいか分からないという方もいらっしゃると思います。

そういう方には、文字ではなく絵やイラストで伝えたり、写真を貼ってみたりと自分なりのアレンジをお勧めしたいと思います。

また自分の今の気持ちをリアルタイムですぐに相手に伝えたいという時には、ラインなどのSNSを使った方が早く伝えられます。一方で手紙は、自分の気持ちを文章にして、それをハガキなり便箋なりに写し、切手を貼ってポストに投函、数日後に届くという時間がかかるというデメリットがあります。

手紙には、自分の気持ちを素直に自分らしく伝えられるというメリットもあれば、リアルタイムでその場の乾燥をすぐに伝えられないという点や文章を書く時間と手間がかかるというデメリットもあります。

でも私はこのデメリットがあるからこそ、一つの手紙を仕上げることに意味があると思っています。簡単には出来ない事だからこそ意味がある、価値があるといえることもきっと多々あると思います。

便箋を作成するには?

今回私は、便箋を作成するのに二つのことをしました。

一つ目は、便箋をつくるクラフト用紙探しが始めたことです。インターネットの口コミや店舗も回って自分が納得できる用紙を探して回りました。

そして二つ目は、そのクラフト用紙で作った便箋に使うオシャレなスタンプを二つ、ハンドメイドショップで探すというこの二点です。

自分で作ってみたいという方や、自作するのが得意という方は是非スタンプも自分で一から作ってみて下さい。そうすると世界に一つだけの自分のオリジナルレターセットが出来ますよ。私は不器用なので、封筒だけ型紙をダウンロードしてのり付けし、家にあったルーズリーフにマスキングテープを貼ってアレンジしました。

これだけでもお店で売っているレターセットとは、気持ちの込め方が違います。素材選びからレターセットとして完成させるまでの手順、一つ一つの作業に気持ちを込めることで受け取る相手にもきっと気持ちが伝えると思います。最近は、可愛らしい動物の切手やキャラクターものも多数販売されていますし、ご当地切手なんかはその土地らしさが出てお勧めです。

まとめ

大切なことは、上手に綺麗に作ることではなく、手紙を書く相手に想いを伝えることです。是非、形にとらわれず自分なりの工夫でハンドメイドの手紙を始めてみてはいかがでしょうか。

インターネットが普及し、何でも機会がやってくれるようになった今の時代です。こういう時代だからこそ、ひと手間を加えてレターセットから手作りした自分だけの世界に一つしかないレターセットで、日頃お世話になっている大切な方に手書きの手紙を送ってみませんか。大切なことは、上手に作ること、綺麗な文字を書くことではありません。あなたのありのままを素直に伝えることです。文章が苦手な方は、イラストや絵葉書を送っても喜ばれること間違いなしです。