私は30代の日本人男性です。戦略ゲーム以外のゲームはなかなかやる機会がありません。

私は無課金で、マーチオブエンパイアをソロプレイしています。イベントランキングに入りやすい方法や、無課金でウルトラレアを作成する方法を発見したので書いていきます。

私がこのゲームをやり始めたきっかけは、ネット経由でNECのデスクトップパソコンを購入した事です。最初からメニューにマーチオブエンパイア領土戦争が存在していました。最初はそれほど夢中ではなかったんです。

ネットゲームですから不公平感を払拭する為でしょうけどプレイヤーの都市が破壊と占領出来ないのが嫌でしたが、強力な装備を手に入れたいという欲望から続けているうちにハマって今では虜です。

SPONSORED LINK

「マーチオブエンパイア-領土戦争」とは?

ゲーム内でする事を全部書こうとすると、量が多くなりすぎますので、ざっと大まかに分けます。

軍隊を作ってNPCや他プレイヤーと戦う事が主目的です。気楽なソロプレイか、ルールが存在する他のプレイヤーさん達の同盟に入れて貰うかは、プレイするご本人の気分次第ですが、はっきり言ってソロではどうあがいても同盟には勝てません。 次に軍を作る為にする事を説明します。

自分の保有できるたった1つだけの都市内に、食料やその他の資源の製造施設を建設したり改良を続けていく事、軍隊の数を増やす施設作成、ゲームに必要なありとあらゆる性能を上げる研究を続ける事などが目的になります。

都市外にはマップフィールドが広がっていて、金貨以外の5つの資源地帯が点在しており軍隊を送る事で資源を都市に持ち帰れます。 このゲームは海があろうが山があろうが迂回する必要もないのが特徴です。

ランキングで上位狙いして楽しむ

このゲームの好きな所は、TOP50位までゲーム内アイテムが付与されるランキングについてです。

普通はイベントランキングというと、どっぷり浸かっているゲーマーさんが毎回上位に名を連ねていて、一般ゲーマーや中級者はランキングの賞品は高嶺の花で手が届かない物です。簡単にTOP50以内に入れるのが、やみつきになります。

「マーチオブエンパイア領土戦争」はイベントが休みなしに開催され続けていますが、種類によってはかなり簡単にトップ10に入れます。特にトップ3は通常ではお目にかかれない宝箱が貰えます。

肝心の入賞が比較的簡単なイベントの種類についてですが、エンカウンターを倒した数と質で決まるランキングと、冒険をこなした数と質で決まるランキングの2種類がトップ3を狙いやすいです。

他にも好きなのは、デイリークエストだけで貰える強めの装備品の強化です。アンコモンやそれ以下の低級品は強化しても1%しかアップしませんが、レア以上になると一回の強化で10%近くもパワーアップできる「亀の英知」などの手っ取り早く強くなりたい私には、強化と上級装備の作成は楽しいです。

このゲームの欠点

デメリットもいくつかあります。ゲーム内の公開チャットで、機械の翻訳が多少怪しいですが、アジアの一部の国の方々が、お互いの国を罵倒し合う事がたまにあります。

他には敵プレイヤーの都市を攻撃しても、敵ユニットは負傷扱いで寺院送りになります。

最弱のユニットタイプの軍と固有ユニットは寺院内で資源を使うと即時回復すら可能なので、トドメを刺す事が出来ない、都市の占領と破壊も不可能な為、もしも自分の軍隊がいくら強くてもできる事は限られていて張り合いがないと感じる事もあると思います。

保護施設で守られていない都市資源の強奪、負傷させたグレード2以上の敵軍を場合によっては数日間寺院から出て来れなくさせる、密偵を送り込んで都市の発展の為の活動を妨害する、攻撃で勝利後、都市を強制的に移動させるなど、間接的な嫌がらせしか出来ないのは生粋の戦略ゲーム好きには相性が合わないかもしれません。

無課金でも楽しめる!

無課金でも攻撃力や防御力激高の装備が作成できるのはとても張り合いがあります。作成可能なウルトラレアにも性能が良い物と悪い物がありますが、無課金でも騎兵の攻撃力190%増大させられるカボチャの提灯はかなり良い性能です。

他にカボチャの提灯と同じような入手方法の、戦慄の鎧も満足のいく性能と、ある程度の作りやすさです。

戦慄の鎧のステータスを説明しますが、このゲームでは防御力と同じ意味を持つ体力が40%増加します。

40%はウルトラレアにしては低いと思うかもしれませんが、スピアマン系、ミリティア系、ホースマン系、固有ユニット、アーチャー系、防衛用の罠、攻城兵器系の全ての体力に40%ボーナスが付くという事は、都市が攻められた時に特に有利です。

都市の防衛戦は戦える状態なら全軍が自動的に戦闘参加するからです。戦慄の鎧は前述の効果に加えて騎兵の体力を95%上乗せします。

ウルトラレアの入手方法

前置きが長くなりましたが、ウルトラレアの入手方法について述べます。

時期によってエンカウンターは落とす装備が変化します。どの時期であってもエンカウンターを倒せばウルトラレアに向けて素材が入手できます。

大雑把に考えて6分の1ぐらいの確率でエンカウンターが落とす剣や鎧や兜などを6つ集めます。6つ同じ物を集めたら1段階上のアイテムが作成できる為、これを繰り返せば最終的にウルトラレアまで行けます。

11月に、この手順が通用する物で私が発見できたのは死毒の指輪、カボチャの提灯、戦慄の鎧です。

これ以外のウルトラレア品はハンマーとブーツも作成可能な方法を見つけましたが、先ほどの3つよりも性能がダウンしている上に1日に1回しかクリア出来ないデイリークエストで入手可能な装備を6つずつ集めて1ランク上の同種類の装備品に変えなければならないので、時間が凄く必要になります。

エンカウンターは約10分待てば1日に何度も倒しにいけるのでこちらのほうが早くウルトラレアまでたどり着けます。

まとめ

長くなった内容を整理します。マーチオブエンパイアは都市も増やせない、敵都市も減らせないです。

イベントランキングは資源収集の量を競うなど、上級者ばかりが有利になる入賞しづらいランキングもありますが、冒険ランキング、エンカウンターランキングなど中級者程度の実力でトップ2、3のゾディアックの宝箱、1位のブラッディーウォーの宝箱も狙えます。

ウルトラレアはエンカウンターから入手した素材から作って行くのが一番手っ取り早いです。

時期が変わると、現在作成可能な「死毒の指輪」他数点から、入手素材が変わります。時期は不明ですが「野蛮人の鎧」系統から作れるウルトラレア「残忍な胸当て」他数点に変わります。