私は52歳の女性で、現在失業保険で生活しています。

14歳の時に双子の姉が借りてきた、甲斐バンドのカセット5本を聞いてすっかりはまりました。

特に甲斐バンドストーリーの安奈、何度も何度も聞いていて、家族にやめてくれと言われました。

14歳から始まった私の甲斐バンド生活、行きたくてもいけなかった、花園ラグビー場、東京都心での野外ライブ、甲斐バンドが解散してからの甲斐バンドの活動について書いていこうと思います。

SPONSORED LINK

甲斐バンドとは?

甲斐バンドは1974年の時計のコマーシャル、各局夜の7時のコマーシャルでヒーロー(ヒーローになる時それは今)の曲と映像が一斉に流れました。その頃のデビューですが、デビュー曲はバス通りです。

甲斐さんは福岡博多出身で、昭和で歌っていました。後に甲斐バンドとなるメンバーも、昭和で出会います。

ヒット曲となる安奈 ヒーローは、ヒットチャートに入ります。当時はテレビにあまり出る事無く、コンサート中心の音楽活動を続けてこられました。

特に、誰もやったことの無い場所でのコンサートをするのが有名で、ロックバンドで最初のNHKホールでライブしたのも甲斐バンドです。

他にも伝説の花園ラグビー場・東京都心・国技館・薬師寺などでのコンサートも行っております。

甲斐よしひろさんの声が大好き

甲斐バンドの一番好きなのは、甲斐よしひろさんの声です。最初の録音の『安奈』はたまりません。

家族から、もう聞くのをやめてくれと言われた安奈ですが、今聞いても胸がキュンキュンします。

あと、曲もいいし、歌詞も好きです。

ギターの大森さんが、甲斐さんの家に曲の打ち合わせに行った時の話です。明日までに曲を仕上げないといけないという事で、打ち合わせに甲斐宅に行ったそうです。当時前の奥様と結婚されていて、甲斐さん宅では夫婦げんかの真っ最中だったようです。

見るに見かねた大森さんが、止めに入ったようでした。

なんとか二人を落ち着かせて、少し曲の打ち合わせをして、大森さんは帰ったそうです。

明日までに曲無理かもと思っていた大森さんでしたが、甲斐さんは翌日曲を仕上げて大森さんのところに持ってきたそうです。

その時出来た曲が アウトロー です。歌詞の中に

誰か俺に 愛をくれよ 誰か俺に 愛をくれ
独りぼっちじゃ 独りぼっちじゃ やりきれないさ

という歌詞を見て、大森さん、かなり感動したようです。多分僕が一番感動したとおっしゃっておられました。

そんな事があったことなど知らないファンでしたが、アウトローを聞いたころは思春期、迷いの頃です。

大人になった甲斐さんも、愛を求めているんだと思いましたし、この曲すごいと思っていました。

若い頃はかなり尖っていた

甲斐さんは、今でこそバラエティやテレビやドラマに時々出演されるようになりましたが、若い時はかなり尖っていました。

有名な話は、有名カメラマンにキレて、カメラを壊した事件があります。高額なカメラだったようです。

コンサートの時、興奮して警備員を殴る観客を、怒りに行ったりします。(殴ったのかもしれません)

また、ノリが悪いと叱られます。非常識な客には怒ります。

演奏が気に入らないと、曲の最初からやり直してくれます。舞台の上の緊張感が、少し伝わってきます。

カリカリして、練習中に大森さんに椅子を投げたこともあったようです。

大森さんはうまく逃げたそうですが、場の緊張度が伝わってきます。

コンサート始まって、冬にブランケットを膝にかけて最前列で座っていると、説教から始まります。

人間らしいところも好き

そんな甲斐さんですが、人間ですから、人間らしくて好きです。

曲と、写真で見るイメージと、ラジオでの明るい喋りのギャップには驚きました。

話がまた面白いです。現在もラジオで聞きますが、喋りは健在です。

何故かテレビに出ると、本来の喋りが発揮できていないような気がします。

甲斐さんはやんちゃなイメージがあるので、周りが一目置いているようにも思われます。

甲斐さんは、一人でいくらでも話せるので、単独トーク番組でも十分やっていけると思います。

昔の上岡さん枠で如何でしょう。

現在はジーちゃんにもなり、かなり柔らかくなってきています。

バラエティー番組やドラマ・映画も作られました。最近では、子供番組の声優さんまでされています。

コンサートも毎年開催してくれます。甲斐さんファンは、甲斐さんが歌い続ける限り、杖をつきながらでもコンサートに行くと思います。

また、脇を固める松藤さんと田中さん、バンドメンバーも素敵です。

松藤さんは本来ドラムでしたが、最近ではギターなどの楽器も披露してくれます。ドラムに若い佐藤さんも入っています。

田中さんのリードギター、素晴らしいです。残念ながらリードギターの大森さんは亡くなってしまいましたが、新しい時代のリードギターを確立しています。

先日ワイドショーに甲斐さんと松藤さんギターで安奈を歌ってくれました。

司会者もろもろ甲斐さんの話をして、甲斐さんと話して、曲に入りました。松藤さんのギター1本で歌われる安奈でした。

曲もおわりました。松藤さんの紹介無く、CMに入っていきました。

生番組・生演奏の松藤さん、なんの紹介もありませんでした。

すごくないですか?生番組・生演奏、紹介してあげてください。

まとめ

甲斐さんを追いかけてもうすぐ40年、甲斐友も沢山できました。

私のまわりには甲斐さんのファンいなく、コンサートも一人で行っていました。

私と同じような悩みを持ったファンが、全国に沢山いることを、インターネットで知りました。

インターネット、素晴らしい時代です。今まで語り合えなかった甲斐談義を、心行くまでできます。

カラオケでは、みんなの知らない曲を歌ってひかれていましたが、甲斐友とのカラオケは、すごく盛り上がります。

甲斐さんを好きになって、友達も増え、私の人生そこそこ幸せです。

甲斐さんがステージに立つ間は、私も元気に生きていきたいです。