私は子育てをしている主婦です。子供が病気がちなので外で働けないため、内職でこつこつ働きながら暮らしている毎日です。

私が紹介したいのは、自分で手作りするアクセサリーです。

出会ったきっかけは、自分がイヤリングが欲しくても高くて買えない、また、金属アレルギーなのでそれに対応するイヤリングは更に高くてそれでもおしゃれがしたくて自分で作ってみたのがきっかけになりました。

オシャレな人しか出来ないと思っていました。器用な人しか出来ないとも思っていたので私もずっと敬遠していましたし、自分でつくることなんて流行もしていないので、興味がありませんでした。

ですが、こんなにも簡単で楽しいものとはだれもが想像していないと思い紹介したくなりました。

これから、手作りアクセサリーがどんなにお得で自分の好きなものが作れるのか、その魅力をじっくり説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

始め方はとても簡単

初める方法はとっても簡単。

三つのペンチを用意して、作りたいパーツとイヤリングのもとを買いそろえるだけで数千円するものが数百円でそれも自分のアレンジをきかしながら好きなものが作れるのです。

自分が持っている洋服に合わせて作る事も出来るし、友達にプレゼントするのだって手作りでそれもお安く出来るなんて夢のようじゃないですか。

作る過程に子供のようにワクワク

このイヤリング作りの一番の魅力は私にとっては、作る過程です。

もちろん、材料を買ってこんなのが出来たら素晴らしいなと想像したり、付けている自分を想像するのも最高なのですが、一つ一つ作り上げて形になっていく過程の感情が最高です。

子供の頃に初めて自分でカレーを作ったときのようなワクワク感があります。

オリジナルアクセサリーを褒めてもらえると幸せ

自分が選んだパーツで、自分が選んだ色と色を合わせてアクセサリーショップには売っていないようなものをつくる瞬間がとても楽しいです。

それをまた、友達や家族が「それ可愛いね。どこで売ってたの?」と聞いてくれる瞬間もまた、自分の感性をほめてもらっているようで幸せな気持ちになれます。

季節に合わせてアクセサリーを自由自在

季節に合わせて春は桜をイメージしたピンクのイヤリングも出来ます。

夏はスイカや風鈴をイメージしてつくったり、秋はファーが出始めるころだったり秋色を想定した茶色を使ったモノトーンで統一させたり、冬はレッドとグリーンを合わせればクリスマスをイメージさせるイヤリングも自由自在に出来上がります。

自分のしたいことを数百円で実現できる!

とにかく無限大に自分のしたいように、それも安い数百円出すだけで作れるところが最高の魅力です。

時にはネットやフリーマーケットなんかで売ることも出来ます。それもまた楽しみの一つです。

細かい作業が苦手な人には向かない

このアクセサリー作りの欠点・デメリットといえば、老眼の人はちょっと難しかもしれません。

あまりに一つ一つのパーツが小さなもので出来ているので、近くの小さなパーツをはっきり見える人でないと作るのじたい厳しいのではないかと思います。

そういう意味では、作りたいのに作れない人もいるかと思います。

針に糸を通すような感覚の小さなピンをビーズやパールに通したり、パンチで穴を広げたりするような作業をずっとしていくのがアクセサリーつくりなので、そういう小さなことを続けるのが苦手な人ももしかすると合ってないかもしれません。

ですが今は男性もアクセサリーをつけるのがおしゃれだったりするので、そういう意味では出来る人は多いかと思います。

アクセサリー以外にも色々なことに興味が出てくる

アクセサリーを自分で作り上げるという魅力はほかにもたくさんあります。

例えば、イヤリングをいくつか作っていくと、どんどん他のものにまで興味が出てくることです。

ファッションやインテリアも自分好みに可愛く、オシャレに

テレビや雑誌を見ていても、この雑誌に載っているカバンももしかしたら自分で作れるんじゃないかとか、家にいてもアクセサリーだけでなく、壁飾りにも応用できないかなどアレンジがどんどん増えていました。

クッションにもビーズがつけれないかとかも思ったり、そうすると自分のファッションだけでなく、インテリアにもどんどん興味が出てくるのです。

まわりのものを自分の好みにどんどん変えることって不可能ではないんだなと感じるようになったのも、このアクセサリー作りを始めてからです。

既製品のまま使うということが私の今までの人生で当然のことでしたが、そうじゃない色々とアレンジしていいんだと思えるようになったので一言にアクセサリーを作るといってもそれはとても奥深いことなんだなと思っています。

プレゼントするとみんな喜んでくれる

後はお金がなくて敬老の日や誕生日に数千円の出費はとてもつらかったですが、じぶんで作ってプレゼント出来るようになったのは、プレゼントする側もプレゼントを貰う側からしても、気持ちが今までと全然違うことも魅力の一つです。

作るということは、その時間そのプレゼントする人のことを考えながら作ります。

相手の人がつけているのを想像しながら時にはアレンジして作るのです。

そうすると早くプレゼントしたくなります。みんなが喜ぶのです。

まとめ

私はただの主婦でお金もなく趣味もはまるものも持てない、持ってはいけないんだと思っていました。

ですが、そんなにお金のかからない、しかも自分も楽しくて周りも幸せに出来る。

そんなアクセサリー作りに出会えたことは最高にラッキーだと思い、みんなに手作りアクセサリーの魅力を知ってもらいたくお伝えしました。

自分の好きなものが作れて楽しい。友達や大事な人にプレゼントが出来る。そして既製品より格段に安い。こんな最高なものをみんなに知ってもらいたいです。