私は、もともとタバコはコンビニで買っていました。

ある日、とある男性にタバコのお使いを頼まれたのですが、その銘柄がコンビニに置いてないものだと分かっていた私は、初めてタバコ屋に足を運びました。

その時、店内に並ぶ見たことのない銘柄のタバコたちに魅力を感じ、以来そのタバコ屋で外国のタバコを買うようになりました。

彼氏が手巻き煙草を嗜んでおり、ちょうどいつも行っているタバコ屋に、手巻き煙草用のシャグ(葉っぱ)なども置いてあると知り、手巻き煙草に少しずつ惹かれていきました。

SPONSORED LINK

手巻きタバコとは?

コンビニで売られているタバコは、「紙巻きタバコ」と呼ばれるものです。箱の中に、すでに火をつけるだけでよい状態で、タバコが入っていますよね。

「手巻き煙草」というのは、葉っぱを、専用のローラーを使って、自分で巻いて作るものです。

簡単な作り方

具体的に説明すると、ローラーの上に、フィルターと葉っぱをセットして、それをローラーでくるくる回し、形を整えたら、ローラーに巻き紙を差し込んでくるくる。

巻き紙の端には糊がついてあるので、何度かローラーを回すと、よく知られている紙巻きタバコと同じような見た目の、手巻き煙草が出来上がります。

手巻き煙草だと、葉っぱやフィルターはもちろん、タバコの太さや長さも、自分の好きなように変えられます。

紙巻きタバコより経済的

手巻き煙草を嗜む方が、共通して「魅力的だ」と感じるのは、やはり「紙巻きタバコよりも、経済的だ」という部分だと思います。

紙巻きタバコは、例えば440円のタバコなら1本22円で吸えますよね。

では手巻き煙草は。40g1300円の葉っぱを使って、手巻き煙草を作ってみると、約100本出来上がりました。1300円÷100本=13円。そこに1本2円のフィルターと、1枚2円の巻き紙。1本17円で吸えます。

コンビニの紙巻きタバコは20本440円。手巻き煙草は20本340円。440-340=100円節約できますね。月30箱なら、3000円も節約できることになります!これが、なによりの魅力だと思います。

安いうえに喫煙時間も長い

また、手巻き煙草は紙巻きタバコに比べて、喫煙時間が長いんです。

コンビニで売られている紙巻きタバコは「燃焼誘導剤」というものが含まれているのです。手巻き煙草にはそれが含まれないので、同じ長さでも楽しめる時間が長いんです。

その分、手巻き煙草は火が消えやすいので気をつけなくてはいけませんが…。

それに、手巻き煙草は当然「いちいち巻かなくてはいけない」ので、巻くのが面倒くさくて吸うタバコの本数自体が減ることも多々あります。本数が減ればかかるお金も減りますよね。

タバコの値上げが進んでいます。タバコを辞めようかと思っている人には手巻き煙草をおすすめします!

あくまで紙巻きタバコの代替手段として

手巻き煙草の欠点。やはりタバコはタバコだ、という部分です。

体に悪いからという理由で、タバコを吸わない人は多いですよね。もともとタバコを吸わない人に「手巻き煙草おすすめだよ!一緒にやろうよ!」と言ってみても、「う~ん、ちょっとなぁ」という反応をされることの方が多いと思います。

確かに、コンビニで売られている紙巻きタバコに比べれば、手巻き煙草の方が害は少ないんです。だからと言って、手巻き煙草は全く無害なのかと言われると、そういうわけでもありません。

手巻き煙草を紹介しようと思った時、もともとタバコを吸わない人、小さなお子さんがいる人や妊婦さん、健康管理にとても気をつけている人達には勧めづらいですよね。手巻き煙草は、人を選ぶ趣味だと思います。

タバコを自分好みに変えられる

次ぐ魅力は、手巻き煙草なら、葉っぱの量や長さ、太さを変えられることです。

たくさん葉っぱを詰めれば太いタバコが巻けます。逆に葉っぱの量を減らし、巻紙を少し引っ張りながらタバコを巻くと、細いタバコが巻けます。

また、フィルターを入れずに葉っぱだけで巻いたり、1本のタバコに二つのフィルターを入れて巻いたりすることも可能です。

これまで、専用のローラーでタバコを巻く、と書いてきたのですが、自分の手だけでタバコを巻くこともできるんです(ハンドローラーといいます)。手で巻けたら、ローラーを持っていない時でも巻けるので便利ですよね。手だけで巻く練習している人は多いようです。

いろんな種類の葉っぱを混ぜて、自分のお気に入りのタバコを作ることができることだってできます。葉っぱは勿論、フィルターや巻き紙にも様々な種類があります。いろんな種類を試してみたくなりますよね!

1本1本味が違う?!

やってみて気付いたのですが、自分でタバコを手作りすると、1本1本味が違ってくるんです。

吸い方も勿論ありますが、味は葉っぱの入れ方でもだいぶ変わってきます。

どうしたら香りがうまく引き出せるんだろう、葉っぱのほぐしが足りなかったのか、葉っぱが乾燥しすぎているのか…と、手巻き煙草を嗜む方はみんな試行錯誤していると思います。

そうするうちに、「この味が好き!」という味に出会うことができます。

私はどんどんハマっていきました。手巻き煙草は思っていた以上に奥が深いなと思いました。

まとめ

手巻き煙草についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。

手巻き煙草は、意外と身近で簡単なものなのです。

なんと言っても経済的。タバコの値上げは、愛煙家にとっては苦しいですよね。紙巻きタバコよりも安くつく手巻き煙草、是非お試しください。

なんとなくタバコを吸っている方も、これを機にタバコに凝ってみるのもおもしろいと思います。タバコの奥深さに感動することと思います。

体にかかる負担を減らしたいけどタバコを辞めるのは無理だという方も、手巻き煙草に挑戦してみることをおすすめします!