私は現在、25歳男性会社員です。今回、紹介するものは、外貨預金になります。具体的な物や人ではなく、円貨を外貨に換えて貯蓄額を増やしていこうとする行為について、紹介致します。

外貨預金を知ったのは、自身の会社給与振込口座にしている銀行へ出向いた際に、普通預金口座に貯まったお金が多くなってきて、新たに定期預金口座を作るために窓口の方と手続き方法のことでお話をさせて頂いた時です。

定期預金を作るのも良いですが、外貨で管理していくこともおすすめですよと言われたのをきっかけに始めようと思いました。

SPONSORED LINK

外貨預金とは?

外貨預金とは、日本円を外国の通貨に変換して銀行口座に預けるといったものになります。

これは、普段の普通預金や定期預金いくつか異なる点があり、外貨で預けることで、現在の為替レートに則って外貨を円で買い、引き出したい時は、外貨を円に戻すといった仕組みになっており、円貨で預けるか外貨で預けるのかといったことが第一の違いです。

また、金利も普通預金や定期預金に比べてかなり高く、一年で0.1%以上つくものが多いです。

定期預金でも0.01%で最大の場合が多いので、10倍高いことは魅力になります。

さらに、為替相場の変動によって円の価値が常に上がったり、下がったりするため、それによる利益や損失が生まれるといった特徴を持っています。

外貨預金が魅力を発揮する瞬間は?

外貨預金の一番の魅力は、為替相場の変動により、自身が預けた額よりも引き出した時に手元に戻ってくる額が多くなった時です。

普通の円による預金方法では、金利が提示され、預けた額に対してその数値を掛け合わせて計算すれば、一年後、二年後、その先数年後の額がおおよそ検討できてしまうため、なんら面白みもないと思います。銀行に預けていれさえすれば、後はお金が徐々に増えるのを待つだけだからです。

しかし、外貨預金では、為替変動によってどれくらい増えていくのか、全く見当をすることができないため、引き出した際に儲けを出すために、円を外貨に変換して預け入れるタイミング、引き出す頃合いを見計らった正確な観察力等が要求され、ある意味自身の管理が重要になってきます。

車のトランスミッションで例えるなら、円預金がオートマチックトランスミッション、外貨預金がマニュアルトランスミッションといったイメージで、マニュアルだと自分でギア調節をできることが魅力であるように外貨預金も自身のお金を操る・操作する感じが味わえるので、そうした部分が良い所かなと思います。

外貨預金で損するリスクを減らすには、自己管理が重要

外貨預金のデメリットとしては、為替変動による損失が出てしまう可能性も無きにしも非ずということです。預けた額より少なくなっていれば、損失になってしまい、預け入れるタイミングや引き出すタイミングが悪かったことが主な原因になってきます。

自己管理の大切さがいかに大事かということであり、自然に対して人間が逆らえないように、為替変動もどうしようにもできないため、納得できます。

また、円預金と違い、預け入れる時と引き出す時に手数料がいくらか引かれてしまうといったこともデメリットになってきます。

このことから、金利と為替変動による利益を合わせた額が、手数料で引かれてしまう額を上回れば、儲けが出ることになるため、自己管理を常に怠ってはいけない部分が欠点かなと思います。

お金が稼げるだけではない、外貨預金の魅力

外貨預金のその他の魅力としては、世界の出来事に対して興味を持つようになることです。

私自身、外貨預金を始めるまでは、学校で歴史や地理の時間に世界の事について学んだ程度でしかなかったものが、損失を出さずに儲けを出さなくては外貨預金の意味がなくなってしまうので、為替変動がどうして起こるのか、どういった時に変動しやすいのかといったことを理解するために、今現在では、新聞や世界経済の本を読む機会が多くなりました。

すると、大統領や首相が新たに就任した時、政権が交代した時、テロや災害が起きてしまった時等に為替が大きく動くことを知り、これまで世界の出来事にそれほど関心がなかったものの、世の中の経済の仕組み(お金の価値の変動)が分かってきて、だんだんと面白くなってきたのです。

そのため、新聞に記載されている為替レート欄をチェックするのをはじめ、世界の出来事に関係するページは必ず毎日読むようにしています。そうすることで、出来事と為替の相関関係が何となくではありますが、分かってきたように感じ、楽しく世界情勢の話題について触れるています。

また、外貨預金における外貨の種類も世界の主要通貨である、アメリカのドルやヨーロッパのユーロをはじめ、イギリスのポンド、南アフリカのランド等、世界各国のあらゆる通貨を選択することができる上に、自分の興味を持った国の通貨で外貨預金を始めれば、その国の経済や情勢の事について調べる機会が必然的に多くなると思うので、楽しみながらお金を管理していくことができるのも大きな魅力かなと思います。

こうしたことから、自分自身の世界観がこれまで以上に研ぎ澄まされていくと同時に、管理の仕方が上手くいけば、円預金より大きくお金を増やしていくことも可能なので、面白みがあると思います。

まとめ

外貨預金は、自身の管理が大変重要になってきますが、それ以上に、為替相場変動の仕組みであったり、世界の出来事と為替相場との関係性、世の中、特に世界のニュースに対して、興味を抱くきっかけにもなってくるので、自分の視野を世界に向けて大きく広げたいと考えるのであれば、おすすめの預金方法なのかなと思っています。

もちろん、損失を出さないためにも自己管理が大切なのは言うまでもなく、それが適切にできれば、儲けというプラスのフィードバックとして返ってくるので、たいへんやりがいのあるものだと感じています。