r私は、英語学習が好きな女性です。小さい頃英会話学校に通っていたことがきっかけで英語に興味を持ちました。大学受験まで英語の勉強は続けましたが、卒業以降英語に触れなくなり、寂しさを感じていました。

試しに受けたTOEICでは600点は超えましたが、人に自慢できる点数ではなく、もっと勉強しなければならないと思いました。

そこで、長く続けられる英語の学習法を探していたときに多読という方法に出会いました。今回は、その多読についてご紹介させていただきます!

SPONSORED LINK

英語力習得に非常に効果があると注目されている『多読』

ここ数年、英語の学習法で注目されているものがあります。それが多読です。文字通り多くの英語を読む方法ですが、これが英語力習得に非常に効果があるとされています。

学生時代に英語の教科書を読んだとき、単語や文節で区切って丁寧に日本語訳しませんでしたか?

あれは精読です。多読はスピード重視で、綺麗に日本語訳はしません。文章の単語を見て、だいたいの意味を把握できればそれで構いません。

例えば、I go to school.という文章の場合、「私は/学校へ/行きます」が精読、「私/行く/学校へ」が多読の読み方です。ああ、学校へ行くのね、ぐらいに読めれば問題ありません。

また、多読は基本的には辞書は使わない方がいいとされています。分からない単語があっても読み飛ばすか、もしくは周りの単語から意味を推測しながら読んでみてください。

楽しみながらネイティブレベルの英語を習得できるところが好き

多読の一番の魅力は、楽しみながらネイティブレベルの英語を習得できるところです。

読む媒体は何でも構いませんが、やはり本が一番身近なので本を読むのが良いでしょう。

なぜ多読が効果があるのかというと、繰り返し単語に触れることで知識として定着するからです。その文章で同じ単語が何度も出てくることが多く、どういうニュアンスで使われるのかを知ることができます。

これが非常に重要で、英語辞書を見ても意味は書いてありますが、例文はほとんど載っていないことが多いので、その単語の使い方は辞書では分かりません。

それが、英語の文章を読むことでネイティブスピーカーの単語の使い方を知ることができるのです。

私たち日本人も最初から日本語を話せた人はいません。ですが、会話や文章から言葉を吸収し、話せるようになります。

それと同じで、英語を学習した当初はネイティブでは赤ちゃんレベルかもしれませんが、英語をどんどん吸収することにより、時間はかかりますがネイティブレベルに達することも期待できます。

『多読』が合わないのはこんな人

デメリットとしては、短期間では成果が見えないところです。もともと文章を読むのが好きな人、英語を読むのが苦にならない人でないと続かないと思います。

また、英単語の知識がない人も難しく感じるでしょう。多読が英語力習得に効果を見せ始めるのは、英語学習中級者以降です。

そのため、ある程度英語に慣れている方にはおすすめの方法ですが、外国語の文章なので、そもそも単語が読めなければ文章を理解しづらいと思います。

ただ、多読は繰り返し単語に触れることで知識を増やしていくので、大学受験レベルの単語力は必要ありません。中学生レベルの単語帳を一冊終えたらすぐに多読を始めましょう。

特に多読や英語学習初心者の方は、幼児向けの絵本など易しい英語の本から読み始めることをおすすめします。

多読のやり方・方法

多読の特徴は、上でも書きましたが綺麗に日本語訳はしません。すんなりと自分の中に英語が入ってくる状態が理想です。そのため、今の英語のレベルに合った文章を読む必要があります。

多読におすすめのテキストは、自分の好きな作品で構いません。多くの文章を読むことになるので、自分が興味がないものを読んでも苦痛だと思います。

ジャンルも何でもいいのですが、個人的には映画の原作本をおすすめします。

まずは映画でその作品のストーリーを頭に入れてから原作本を読めば、分からない単語が出てきても意味を推測しやすくなります。映像と文章で学習を進めていけば、楽しみながら英語を習得できるでしょう。

レベル別で言うと、初心者は絵本から、中級者は小説や原作本から、上級者は新聞や雑誌から始めるといいと思います。目安としては、今読んでいる本の8割ほどが理解できるようになればレベルアップしていいでしょう。

そして、読む量ですが、一般的には、まず300万語を目標にする人が多いです。英語を抵抗なく読めるようになるのが300万語と言われていますが、本を積み上げた高さが自分の身長と同じになるぐらい読むといいという人もいます。

その後も続けていければ、1000万語に到達する頃にはほとんどの本は辞書なしで読めるようになると思います。

リスニング力の向上も期待できる

また、多読のもう1つの特徴として、リスニング力の向上も期待できるということが挙げられます。

英語のリスニングでは、自分の知らない単語は聞き取れないと言われています。それが、英語の文章を読んで経験値をためていければ、多少聞き取れなかった部分があってもそれまでの経験から文章を埋められるようになります。

頭の中で言いたいことをその都度英語にするのではなく、知っている表現を何も考えずにそのまま口に出せるようになれれば、英会話の上達にもつながるのです。

まとめ

今回は多読をご紹介させていただきました。英語は、文章を読めば読むほど力がつきます。

今は「多読王国」というサイトがあり、登録すれば自分が読んだ本を記録することができます。多読をする人はタドキストと呼ばれ、他のタドキストがおすすめする作家や作品も知ることができ、その本が何語あるのかも表示されます。多読する人にとっては、大いに助けになってくれるでしょう。

多読ができるようになれば様々な言い回しも覚えられますし、なにより英語に対して抵抗がなくなるというのは多読の大きな成果です。

みなさんも楽しく英語を学んでみてください!