私は40歳の専業主婦です。30代で結婚、妊娠、出産をし、少し子育ても一段落したので、何か趣味を見つけようとずっと考えていました。

子供が幼稚園に入園するときに、初めてミシンで袋物を作ったことがきっかけで、一時期ミシンで子供服を作ることにはまりましたが、子供も小学生になり、もう手作りの服を着てくれることもなくなったので、新たな趣味を探しに、大型の手芸店に行きました。

そこで私の目にとまったのが、デコパージュでした。ここでは私がデコパージュの魅力にはまった話を書いていきます。

SPONSORED LINK

デコパージュとは

デコパージュというのは、本来、紙に描かれた絵を切り抜いて、家具などに張り付けて上からニスを塗っていくという手芸の一種ですが、最近人気となっているデコパージュは、ペーパーナプキンを使用して、石鹸や上靴、鞄などあらゆる雑貨に専用の糊で絵を貼り付けていくというものです。

ペーパーナプキンは通常、3~4枚構造になっていて、絵柄が描かれた一番上の部分だけを使用していきます。

とても薄い絵柄を、専用の糊を使って貼り付けることで、プリントしたようなオリジナルの石鹸を作ることができます。

上から防水剤を塗れば、洗っても絵が消えることはありませんし、上靴に貼り付けても絵がはがれることはありませんから、オリジナルの子供の上靴を作ることもできます。

試しにやってみたらママ友に絶賛された

私がデコパージュを初めて知ったのは、大型の手芸店で、絵が描かれた上靴が何足か並んでいるのを見た時です。

最初はかわいい絵がプリントされた上靴だなと思って見ていましたが、その横には、同じ柄のペーパーナプキンが置いてあり、このペーパーナプキンを使用しましたと説明書きがされていました。

最初は理解できませんでしたが、デコパージュの説明を読むと、自分の好きなペーパーナプキンで、石鹸や上靴、鞄など好きなものにアレンジすることができるということが書かれていたので、思わず専用の糊や筆、ペーパーナプキンを購入して、試してみようと思いました。

当時、上の子供が幼稚園で、下の子供はまだ未収園児だったので、子供の上靴にアレンジすることにしました。

ただ、息子が通っていた幼稚園は、上靴が指定のものしかだめなので、下の子のプレ幼稚園用の上靴と、私が履く上靴をデコパージュすることにしました。

下の子は女の子なので、プリンセス柄のペーパーナプキンを貼り付け、私はマリメッコのペーパーナプキンを使用したところ、ママ友から絶賛されました。

やっていくうちにさらにクオリティは上がる

最初、私が手芸店で見た時は、ビニール製の上靴にデコパージュしてあったので、私もビニール製の上靴にデコパージュしていきました。

ただ、ビニール製の上靴に貼り付けたあと、表面が少しべたつきがあり、少しはがれやすいような感じがしました。

そのときは、正しいやり方などわからず、見よう見まねでやっていたので、こういうものだと思っていましたが、その後インターネットで調べてみると、ビニール製ではなく布製の上靴にしないと、はがれやすいということを知りました。

布製の上靴を購入して試してみたところ、ビニール製とは全く異なりなじみもよく本当にプリントしたように見えました。

布製に貼った方は、べたつきもなく快適に履くことができます。

ネットショップで販売したら、意外と買ってくれる人がいた

私がデコパージュにはまったのは、最初は上靴づくりでしたが、子供が履く上靴の数はそんなにたくさんあっても仕方がないので、それからは石鹸やミニバッグなどにデコパージュしていくことにしました。

ただ、どんどん石鹸などが増えていくので、これはどうにかしないといけないと思い、ネットショップで販売することにしました。

最初は素人が作ったものなんて売れないだろうと思っていましたが、何人かの人に石鹸を買ってもらえて、少し自分にも自信を持つことができました。

また、ちょうどそのころに、友人が行っているワークショップにも何度か呼んでもらい、そこでデコパージュ石鹸の作り方などを教える機会もあり、デコパージュを通じていろんな人とつながることもできました。

それからは、石鹸や上靴以外にもビタットやミニバッグ、スリッポン、カチューシャ、小物入れなどにもデコパージュするようになりました。

最初はペーパーナプキンで作っていましたが、リバティの小花柄の生地がとても気に入ったので、それからはリバティ生地をデコパージュするようにしています。

生地の方が破れることもないので貼りやすく、見た目もおしゃれなのでとても気に入っています。

特に、リバティ生地を貼ったビタットは、ネットショップでも売れ筋で、出品するとすぐに売れるほど好評です。

今では時々ハンドメイド市にも出店するようになり、生活にもはりがでてきました。

最初は趣味で始めたデコパージュでしたが、今では少し仕事のようにもなり、ますますデコパージュの魅力にはまっています。

基本的に好きなものに好きな柄を貼り付けていくだけととても簡単なので、興味がある人は一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

デコパージュという言葉を初めて知った人も多いと思いますが、鞄や服、靴などのワンポイントとして、自分の好きな柄の絵をプリントのように貼り付けていくことができますから、世界に一つだけのオリジナルのアイテムを作ることができます。

子供がまだ小さかった時には、無地の布製の靴にデコパージュしてあげましたが、友達にも好評で、娘もとても喜んでいました。

作り方はとても簡単ですし、プレゼントしても喜ばれるので、一度作ってみてはいかがでしょうか。