私は都会の波に揉まれて疲れてしまい、どうにか緩やかに過ごせないかと思い、リラクゼーションの道に入った30代のマッサージ師です。

紹介したいものは、デコレが販売するマスコット雑貨『まったりシリーズ』という動物の置物です。

満員電車に揺られる仕事の行き帰りに疲れを感じ、都会に出てきた意味はなんなのだろうと身体と共に心も疲れていたときに出会った、私なりの究極の癒しを発見したのでご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

まったりシリーズとは?

『まったりシリーズ』は、株式会社デコレが販売するマスコット雑貨で、親指大くらいの大きさの動物の置物になりますが、それぞれあまり表情がありません。

みんなだいたい無表情なんですが、無表情だからこそ見る人の状態によってどんなことを言っているのかに違いが出てきます。

疲れた体を脱力させてくれる

私が出会った時は心身ともに疲れていた時だったのですが、そんな私をゆるく脱力させてくれるものでした。

そこから1つ、また1つと並べて眺めるようになり、今では自宅のそこかしこに、そして職場の目にとまりやすい位置に置くようになりました。

見る人をそれぞれの魅力で癒してくれる、かわいい私のある意味相棒をご紹介します。

無表情ゆえの魅力

『まったりシリーズ』はとにかく無表情ですが、無表情ゆえの人の捉え方が幾千通りにあるのが魅力です。

このシリーズは、季節ごと、イベントごとに動物や物語り性が異なります。

くつろぐサンタクロース

例えば私が初めてシリーズを手にしたのは、サンタクロースと赤いサンタ帽子を被ったシロクマでした。

彼らは単純にプレゼントを持っているのとかソリを引いている、などありふれたシチュエーションではなく、なんと正座をしてコーヒーを持っている姿でした。

置き方次第で空気感が変わる

一体ずつ個別の置物ではありますが、店員さんがディスプレイ時に少し膝を寄せてまるで会話をしているかのように置いてあげたのでしょうが、それだけで2人の間にはえもいわれぬ空気感が漂っておりました。

私はそれを見た瞬間、思わず口角が上がってしまったのと脱力したのを今でも覚えています。

型にはまらない顔を見せてくれるのが楽しい!

夏シーズンには畳の上で寝転がり、お腹に冷えないように手ぬぐいを置いて寝るペンギンなど、「なんて日本らしい夏の過ごし方なんだ!」と感動さえしました。

このように「クリスマスシーズンにはサンタクロースとシロクマ」、「夏の海シーズンにはペンギンやシロクマ」、「春のピクニックには茶色のクマと白うさぎ」、「ハロウィンにはカボチャと黒猫」などさまざまなシーズンでキャラクターが変わり、型にハマらない顔を見せてくれるのがたまらなく楽しく、顔が自然と緩んでしまうのです。

シリーズが好きだからこその悩み

こんなに好きなのに、少し躊躇してしまう部分もあります。

それは2つあります。

数が多くて、保管場所に困る!

1つは数が多過ぎることです。ワンシーズンに少なくても10体ほどのポーズを持つシリーズが出ます。

同じ猫のキャラクターですが、招き猫のポーズをしていたり、米俵の上に乗って二足で立っていたりと、それはそれはパターンが豊富過ぎて全て揃えるとかなりの数になり、自宅での保管場所に困ってきます。

これが毎年シーズンごとに新しいものが出ます。

家族に温かい目で見てもらえるならいいのですが、私は主人に少しばかり白い目で見られているように思います・・・

チリも積もればそれなりの値段に

もう1つは予算の問題です。大人だから買い集めることが出来ますが、子供ウケするような可愛らしさもあるので、大人に買ってもらう子供にはなかなか集めにくい数です。

およそ一体300円くらいからの値段ですが、先に挙げました米俵と猫のくっついた大きなものになると倍近く、高いものですと1000円以上するものもあります。

置き場所、そして金額がちまちましたものにはなりますがチリも積もれば…という意味でネックではあります。

とはいえ、これらはあくまで全て揃えるとなったらの話です。

揃えたくなっちゃうくらい可愛いですが、好みのものを買うだけでも十分楽しいですよ!

見てるだけでリラクゼーション効果がある脱力感

私は田舎から上京してきてすぐに都会のど真ん中で販売業に就きました。

仕事の忙しさは想像以上に辛く、毎朝毎晩の長時間の満員電車に体も心も疲れ果て、リラクゼーションとは何かと悩みマッサージ師になりました。

マッサージ師は身体をもみほぐし、時にはお話も交えながら心身両方のリラクゼーションをお客様に提供し、お客様のゆるんだ笑顔で私も自然と心が和らぐようになり以前より幸福感を味わえるようになりました。

私が感じたいリラクゼーションを、お客様に提供したい、といつの間にかスライドするようになり、気持ちにも少し余裕が出てきた感じがいたします。

そんな時自宅にて主人が仕事に忙殺され疲れ果てていた際に、突然隣の部屋から主人の笑い声が聞こえてきました。

何事かと思い尋ねたところ、飾っていたまったりシリーズを見て気持ちが軽くなった、と緩みきった笑顔で話してくれました。

「切羽詰まっていた気持ちが脱力した」と主人が言ってくれた

そのまったりシリーズは、夏シーズンのペンギンで、かき氷の山のてっぺんにお腹からくの字に折れて冷たさを全身で感じているものでした。

顔は日本の暑さにやられたやる気のないナマケモノのような、まさに本当のナマケモノでした。

「切羽詰まっていた気持ちがこれを見て脱力をした」と主人が言った事に私は感激してしまいました。

私のマッサージの手技やお話で緩む身体と心を、このまったりシリーズたちは見るだけで脱力をさせてしまうリラクゼーションの1つだったんだ!と気づいたのです。

最初に手にしたサンタクロースとシロクマのコーヒーを飲んでいる姿で私が感じた良い意味の脱力感は、私が求めていたリラクゼーションの1つで、さまざまな人に当てはまるんだ!と思い、それ以来私の施術部屋には彼らを置いて助けてもらっています。

「疲れたな」と思ったら、まったりシリーズで癒されませんか?

まったりシリーズは、最高のリラクゼーショングッズです。

見る人にさまざまな顔を見せ、時に笑わせ、時に脱力をさせます。

置く場所、手に取るキャラクターによって生まれる物語は何千何万通りもあり、この無表情な顔から漂わせる不思議な感情をその時の気分によって幾千通り思い浮かばせてくれます。

疲れたな、どうしたらいいんだろう、というような負の感情を持っている時に見れば、必ず顔が自然とほころびます。

ゆるんだ気持ちから新たなものが生まれるでしょう。楽しい時に見れば、その気持ちは2倍になります。

ぜひ、まったりシリーズを手にとって見てください。何か語りかけてくるはずです。