皆さんの台所に鉄のフライパンはありますか?

鉄製のフライパンは錆びたり手入れが大変そう、焦げつきやすいって聞いたことがある・・・。

実際には柄そんなイメージをお持ちではないでしょうか?

私も、母がいつ買ったのかわからないような鉄フライパンを台所の隅で発見したときはそんな思いでしたが、実際に使ってみるとその魅力にどっぷりはまり込みました。

今回は、そんな鉄フライパンの魅力を、皆さんにお伝えしていたいと思います。

SPONSORED LINK

デバイヤーの鉄フライパン「ミネラルビー」がおすすめ

今回紹介するのはフランスからの輸入物。

デバイヤーの鉄フライパンの中でもミネラルビーと呼ばれるものです。

デバイヤー社は1830年創業の大変歴史の古い会社です。 そんな会社のフライパンですから、しっかりと頑丈でありながらデザインもよく、柄のグラつきもありません。

本体の板厚3mmの重さと厚さよって、ムラなく、 食材を美味しくする穏やかな熱を伝えることができます。

アルミのフッ素加工が持てはやされ、手軽さや軽さを求める軽薄な風潮がある昨今において、厚み、重みにこだわったフライパンです。

見た目だけでなく使いやすいデザイン

また、柄と本体とのバランスが良く、見た目だけでなく使いやすいデザインになっています。

輸入物ですが、百貨店やネット通販でも購入可能です。

Amazonのタイムセールにもよく出ています。

鉄フライパンで焼き物料理が美味しくなる!

鉄フライパンを使う一番の魅力といえば、焼き物料理が美味しくなるということです!

皆さんは「焼く」という調理において、熱したフライパンの上に食材を置く…これ以上に考えることがあったでしょうか?

私は今まで、料理をすることにおいて、それほどしっかり工程を考えたことはありません。

フッ素加工のフライパンを使っているときは予熱や火加減なんか考えなくても、フライパンの上に適当にポンと落とす。あとはなんとなーくの感覚で火が通るまで待つだけです。

外食で焼きもの料理が美味しいのはフライパンの違いが理由だった

外食でステーキや餃子といった料理が美味しいのは、プロが作るのだから当然だと考えていました。

しかしそれは違うのだと。鉄のフライパンを使い始めて、はじめて気がつきました。

鉄のフライパンでお肉や魚、野菜を焼くと、ものすごく美味しくなってくれるのです。

焼き目がきちんとつくのが重要

特に重要なのが「焼き目」がきちんと付くことなのです。

皆さんも、フッ素加工のフライパンで肉や野菜を炒めたときに、汁が出て煮るようになってしまったことはありませんか?フッ素加工のフライパンだと強火は使えないですし、油も弾いてしまうため、美味しい焼き目を付けること自体が難しいのです。

その点、鉄のフライパンならば強火でも使え、鉄自体も熱をしっかり蓄えるのでパリッとした美味しい焼き目を付けることができます。

焼き目は素材のうまみを凝縮し、香ばしい香りを生み出し、食材の中の水分が悪戯に外に流れ出すのを防いでくれる焼き物で一番重要な要素です。その焼き目が簡単に付いてくれる鉄のフライパンは、まさにフライパンの王道と言えるでしょう。

鉄フライパンの欠点

鉄フライパンを使う欠点としては、やはり手入れの煩雑さでしょうか?

実は皆さんが想像するほど鉄フライパンは簡単に錆びたり焦げたりはしません。

油が十分に馴染んでいれば洗剤でゴシゴシ洗っても、鍋肌は水をはじいてくれます。

空焼きせずとも自然乾燥で十分です。保管に油を塗るのは、まだ使い始めて油が十分に馴染んでいないか、次に使う予定が全くないのでしまう時ぐらいです。

そんなことより問題になるのがシーズニングという作業です。

シーズニングがちょっと面倒

シーズニングとは、実際に使う前に錆止めを落として、油慣らしをするまでの工程を指します。

しかし、そのやり方は人によって千差万別で、これと言って正しい、あるいは間違っていると言えることがありません。

基本的にメーカーの推奨するやり方でいいのですが、自宅のガスコンロでは使えないような高温を要求するものも中にはあります。

デバイヤーのミネラルビーの鉄フライパンの場合は、錆止めはお湯と洗剤で洗い流せます。

高温の空焼きをする必要もないので入門としては最適です。

短時間でもしっかり火が通る

抜群の蓄熱性で短時間でもしっかり火が通ります。

鉄は強火で使えるので、調理時間が短く済むと考える人は多いですが、これは合っているようで半分間違いです。

実は鉄はそれほど熱伝導率はよくありません。代わりに熱を蓄える蓄熱性が優れています。

強火を使うのは最初に予熱をする時だけで、あとは弱火や中火で十分です。

鉄フライパンは予熱することで、油馴染みを良くするとともに、しっかりと熱を蓄えます。

この蓄えた熱がゆっくりと素材に入るため、焼きに入ってもフライパンの温度が下がることがありません。

アルミのフライパンと同じ火加減でもふっくらパリッと仕上がる

アルミのフッ素加工のフライパンでは、熱が素材の表面に一気に吸い取られて無くなるので中に火が通り辛いわけです。鉄フライパンの場合はそれが無いので同じ火加減でもふっくらパリッと仕上がります。

蓄熱性はフライパンの板厚が厚いほど上がるのですが、デバイヤーのミネラルビーの鉄フライパンは3mmもあります。国産品でこれほど厚いフライパンはなかなか見つかるものではありません。

デバイヤーのような厚板なら、火加減の難しいレアステーキもしっかり中まで温かくジューシーに仕上がります。

買い替え不要の一生モノ

表面加工の入ったフライパンは、大事に使い続けてもやがて寿命が来て買い替える必要があります。

しかし鉄フライパンの場合はとにかく頑丈でその必要がありません。

万が一錆びても、磨いて油慣らしをやり直せば再び使えるようになります。

特にデバイヤーの鉄フライパンは3mm厚と分厚いので経年の熱による変形も心配する必要が全くありません。一つあれば孫の代まで使えます。

まとめ

苦手意識を理由に鉄のフライパンを使わないのは非常にもったいないことです。

料理のやり方は人によっていろいろあると思いますが、一度体験してからでも遅くはありません。

鉄フライパンを使うのに「イチから育てる」なんて気張った考えをしなくても、ただ使うだけで料理の味が数段上がります。

デバイヤーの鉄フライパンはそういった「鉄の力」をはっきりと体感させてくれる素敵なフライパンです。

デバイヤーのミネラルビーの鉄フライパンで、ぜひ鉄フライパンデビューをしてください。