「だがしかし」は駄菓子をテーマにした独特な世界です。

原作コミックが面白かったのでアニメも視聴しましたが、キャラクターの動きや、駄菓子のリアルな描写が抜群で、駄菓子界隈では群を抜く出来映えだと断言できます!

それは競合する相手がほとんど存在しないのが主な理由ですが、幅広い世代に愛され馴染みの深い商品群=駄菓子をじっくりと書き込んだ作品なので、もっと多くの方に認知されるべきです!アニメ版は2018年1月から第2期がスタートします。

SPONSORED LINK

『だがしかし』とは?

「だがしかし」の舞台はとある半島にある田舎町です。駄菓子屋の息子・ココノツは漫画家を目指していますが、父親の影響で駄菓子関連の知識が豊富で、駄菓子屋の店番を強引に任されています。

ある日ココノツの店を訪れた美少女・ほたるは大手菓子メーカーの令嬢で、ココノツの駄菓子スキルに目をつけて野望を達成しようと企てます。

ほたるの野望とは世界トップの駄菓子メーカーになる事で、その日以来ほたるはココノツの店に入り浸ることになります。

ほたるは、ココノツも衝撃を受けるほどの美貌とナイスボディの持ち主ですが、残念なことに頭の中は駄菓子で一杯です。

毎回のようにココノツを相手に奇想天外な駄菓子勝負を挑み、様々なメーカーから発売されている駄菓子をむさぼり食いまくる展開です。

『だがしかし』の面白さはここにある!

アニメ版「だがしかし」の面白さは、まずキャラクターの豊富な動きだろうと思います。駄菓子の申し子とも言えるキャラ・ほたるは駄菓子ラブな気持ち全開で駄菓子レクチャーをしてくれます。

駄菓子にカテゴライズされる商品は、世代ごとに大きく変遷してきましたが、キャラメルやうまい棒、ベビースターなど現在でも普及しているロングセラー商品も多数存在します。

それらのルーツや意外なエピソードについても語りだすので、見ているだけで駄菓子の知識が増えてしまいます。私はガム好きな子どもだったので、フェリックスガムやフエガム等の「ガム回」が特に楽しかったし、懐かしくてほっこりさせられました。

マルカワフーセンガムとか、今でもスーパーでよく買っています。菓子メーカーの令嬢・ほたるは駄菓子の知識だけでなく、その食べっぷりも最高です。

顔を紅潮させてついばんでみたり、ギャグマンガ顔で頬張ってみたり口内炎にかかってもなお食べまくる姿勢にはストイックさすら感じます。

きわどいお色気シーンもちらほら存在しますが、これは深夜帯だからこそ許されるのかなーというレベルです。

全般的にはギャクテイストが多くて、お笑いを求めて視聴するには丁度いいテンションに仕上がってします。

第2期には期待と不安が入り混じる

アニメ版「だがしかし」はコトヤマ氏のコミックが原作で、週刊誌・少年サンデーにて連載中です。2016年1月から全12話が放映されました。

深夜帯での放送でしたが反響は大きく、アニメの高評価を受けて原作コミックの売上げも倍増したそうです。単行本は1~8巻がリリースされています。

駄菓子を取り扱うメーカー各社からも歓迎され、タイアップ商品も発売されたほどです。アニメ放送分全話のBD/DVDも発売されていますが、アニメセールスの方はそれほどのヒットとはいかなかったようです。

それでも第2期が放送されるのは嬉しい限りですが、製作担当するスタッフはかなり入れ替わる模様です。第1期の出来が素晴しかっただけにちょっぴり残念な気持ちもありますが、新たな表現に期待もしています。

メインキャラ以外も魅力的なキャラクターがたくさん

先にメインキャラのココノツ&ほたるについて語りましたが、この2人に加えてココノツの幼馴染み・豆とサヤがレギュラー人物です。

豆(トウ)はいつもサングラスをかけている金髪ボーイで、サヤは豆の双子の妹です。豆はココノツの兄貴分で気のいい好青年ですが、女性にモテるために小遣いをはたいてケンダマを買ったりする残念な思考回路の持ち主です。

ケンダマは駄菓子とは言えませんが、駄菓子屋に並んでいる定番商品ですね。おはじきやメンコなども広い世代でお馴染みだと思います。こうした駄菓子屋系グッズで遊ぶシーンも頻繁にあります。

妹のサヤは、本作では貴重な常識人です。何をやらせても器用にこなすし、常識がふっとんでいるほたるや豆兄貴にツッコミを入れる役割を担います。

ただしココノツに恋愛感情を抱いているため、ココノツと一緒に居るとトラブルを起こすことも……ココノツは、個性的なほたるに強い関心を持っていて、ほたる・サヤとの三角関係めいた展開も見どころのひとつです。

あくまで駄菓子メインなストーリーであり、特にほたるは駄菓子属性の変態なのでラブコメ要素はかなり大雑把な感じではありますが、そのワイルドな恋愛要素にもえるファンもけっこういるのではないかと思います。

自然と駄菓子の知識も増えていく

人物だけでなく、やはり駄菓子描写の充実ぶりが本作の魅力です。アニメ版で取り上げられた駄菓子のラインナップだけでもかなりの点数に及びます。

都こんぶとかボンタン飴などは全国的に広く知られていると思いますが、中にはあなたが今まで見た事もないようなマイナー駄菓子も、きっとあるハズです。

昔の駄菓子は「当り」付きの商品もけっこうありましたね。登場人物・ほたるは当りが引けない不運の持ち主でもありますが、私も当り運が低めの人間です。そんな私も懐かしのアイス・ホームランバーとは相性が良くて、3本連続で当りだった経験があります。

大喜びで食べ続けた結果お腹を壊し、最後の1本は家に持ち帰ろうと無駄な努力をした結果、周りの銀紙からドロドロに溶け出してひどい目に遭いました。ある夏の日の、バニラ味にまみれた思い出です。

まとめ

アニメ「だがしかし」は、2018年1月より第2期が放送されます。普段アニメをあまり観ない方でも、駄菓子の味わいやレトログッズで遊ぶシーンの数々を、きっと楽しめるハズです。

駄菓子の薀蓄もたっぷり紹介されています。個人的に驚いたのは”おっぱいアイス”です。私は”卵アイス”だと思っていたんですが、”爆弾アイス”とも呼ばれているそうで、地域によって呼び名も様々だったんだなと感心しました。

コミック版も刊行されているし、最近は第1期の再放送もよく行われています。何の気負いもなく楽しめるし、小銭を握りしめて駄菓子屋へ足を運んだ思い出が蘇ったりします。良作です!