主婦です。アラビア書道に出会ったきっかけは主人の駐在で中東に行った時です。

海外というとアメリカやイギリス、またはハワイ、グアムなど旅行で訪れた国のイメージしかありませんでした。

中東イコール石油というイメージしかなくそこに生きている文化には全く触れたことがありませんでした。

住んですぐに目に入った店の看板、これがアラビア文字で美しく書いてあるのを見たのが最初に触れたアラフ文化でした。

どうみても文字には見えず、どちらから読むかもわからず、でもアート的にも美しい。

これが読めるようになれば、更に楽しいだろうなと思いました。

SPONSORED LINK

アラビア書道とは?

アラビア書道は中東のほとんどの人が信仰しているイスラム教の経典のコーランに使われています。

その書体は何種類かあります。ディワーニー体、クーフィ体、スルス体などです。

日本でいう明朝体、行書体、楷書体と似たような感じでそれぞれの書き方、書体に特徴があります。

その中でも特に美しいのがジャリディワーニー体という書体でオスマン帝国で完成した書体です。

日本の書道の小筆で書く仮名書体に似ており流れるような書体が特徴です。

また文字だけではなく、文字の間にたくさんの読み記号である装飾を施します。

この書体が空間があることが美しく感じられないという決まりからで、なるべく白い空白がないように装飾を施すという書体です。

イスラム教徒がお祈りのために通うモスクなどにはこの書体でコーランの一説がかかれており、モスクを美しく彩っています。

書いていて気持ちいいところが好き

アラビア書道の一番の魅力は書いていて気持ちのいいことです。

アラビア書道は竹の筆で書きます。

日本人はたいてい子供の頃日本の書道を学びますが、得手不得手があると思います。

日本の書道の筆は扱いが難しく筆の毛の運びで字の善し悪しが左右されます。

アラビア書道の竹筆は、硬い竹を割いて筆にするので扱いは日本の筆のように難しくなくかなり書きやすいものです。

万年筆の太いもの、もしくは蛍光ペンのようなものだと考えるとわかりやすいかと思います。筆の毛が乱れたりすることがないので書きやすいというのが特徴です。

ということは日本の書道が苦手な人でもとっつきやすいということなのです。

書道というよりアートという感覚でとらえることもできるのでアラビア文字を知らない人でも始める子ができます。

また日本の書道と大きく違うのが、黒一色ではないということです。日本の書道は墨、墨汁を使いますが、アラビア書道は万年筆のインクを使います。(正式な場合を除きます。)

ですのでてもカラフルな作品もたくさんあります。自分で好きなようにデザインできるのが楽しいところです。

日本ではまだまだ普及してないのが難点

デメリットとしてはまだまだメジャーではないので日本で習うには先生が少ないということでしょう。

また教材なども日本ては手に入りにくいこともあげられます。

中東では、女性があまり表に出ないという特徴があります。

日本のようにカルチャースクールというようなものがなく、女性が習いにくいということがあります。

また、アラビア書道は昔はアラブの男性の代筆屋という職業の人が先祖代々受け継いでいたということもあり、書ける人が男性しかいないということなので、日本のように誰でもアラブ文化として習うというスタンスにないことで、中東でも習いにくいということがあります。

アラブの学校では日本の書道の時間というアラブ書道の時間というものがなく、アラブの女の子は全く書けない、もしくは知らないという現実もあり、教本などもないことが、さらにその道を難しくしていることも挙げられます。

文字として馴染みがないからこそ、素直にアートとして認識できる

アラビア書道の魅力は見て美しいということです。

日本の書道も誰が見ても美しいですが、私達は日本語を知っているので。美しい、美しくないの査定自国の字ということて若干厳しめです。

アラビア書道は他国の字ということもあり、自分が美しいと思えば受け入れることができます。

美しいと感じる基準が広いので、挫折することなく楽しく習うことが可能だということが何よりの魅力です。

書道というと堅苦しいイメージを想像しがちですが、アラビア書道はそうではない面もあります。

イスラム教の経典、コーランにかかれている文字は整然と書き並んでいて日本のお経本と変わりありません。

店の看板などはいろいろな書体、色でカラフルに装飾されとても美しく描かれています。書道と言うよりアートに捉えられることも可能なのです。

基本的には書き方、文字の大きさ、バランスなどそれぞれの書体で美しいとされる書体がありますが、それは書く場所が決まっている、ルールがあるという場合だけで、そうでない場合は、自分の想像力を駆使して好きなように装飾したり文字をつなげたり飾ったりできるのが楽しいところです。

サウジアラビアでは依然としてアラビア書道は代筆屋の男性の仕事であり、アラブの女性はアラビア書道を書くことはありませんしそのような科目があることも知らないようです。

他の中東地域でも同様に学校の科目としてアラビア書道はありませんが、アラビア書道がアラブの文化の一つとして認められ外国の女性もアラビア書道を習うことができる場所がアートセンターなど少しずつ増えていっているようです。

またトルコでは二年に一度アラビア書道のコンテストが開かれ、様々な国から応募があり日本からも毎年応募作品が送られているようです。

まとめ

日本人であれば小学校の頃から日本の書道を学校で習っているので、アラビア文字に美しさを感じれば抵抗なく習うことができるでしょう。アラビア語がわからなくても美しいと思う心はみな同じです。

もちろん文字が分かればさらに書くことが楽しくなります。

また、日本の書道のように堅苦しくなく自分の想像力を生かして自分のスタイルで色とりとりの美しいアラビア書道を書くことができるので楽しく続けられることができると思います。