私は奈良県に住む30代の男性です。

奈良県の中でもラーメン激戦区と言われる富雄と言うところに住んでおり、ラーメン好きの私にとっては天国のような場所です。

そんな中で私がはまっている事は、週末の夜、富雄駅から徒歩1分の所にある「アノラーメン製作所」と言うつけ麺専門店に通う事です。

出会ったきっかけは、店の前をたまたま通りかかった時、すごい行列ができており、興味本位でその行列に並んだ事が始まりです。

つけ麺を食べてみると感動的な美味しさにびっくり。それから完全にハマってしまいました。

SPONSORED LINK

アノラーメン製作所とは?

アノラーメン製作所と言う名前なのに、メニューはつけ麺のみの構成になっています。

店主が納得できるものがあれば、あなたにメニューに追加するかもしれないとホームページに書いてあったので、そのうちラーメンが食べられる日が来るかもしれません。

つけ麺は「カニスープつけ麺」と「パインスープつけ麺」の2種類。追加料金を払えば、チャーシューやメンマ、卵、豆苗などのトッピングも可能です。

ドリンクは、店内の冷蔵庫から好きなものをセルフで選び、価格はすべて200円と良心的です。

清潔感があり、女性客も多い

つけ麺のお店なのに、おしゃれなBGMが流れ、内装はとても綺麗です。

店員さんもオシャレな格好をされており、清潔感のあるお店です。

男性だけでなく、女性客の割合も非常に多いのが特徴です

つけ麺が絶品

つけ麺が本当に絶品です。

カニスープつけ麺

「カニスープつけ麺」はカニと豚骨のスープで、こってりとした味付けなのが特徴です。

粘度のあるスープなので、麺や具材がスープに絡み、口の中にカニの風味が広がっていきます。

私は最初の1口を食べた瞬間、あまりの美味しさに衝撃を受けました。

カニ好きの人であればたまらない味のスープだと思います。

パインスープつけ麺

一方「パインスープつけ麺」はカニと違って、粘度が少ないサラサラとしたスープになります。

魚のだしにパイナップル、アーモンドを組み合わせており、こってりが苦手な方向けのスープになります。

私は底に溜まったパイナップルを食べながらチャーシューを食べるのが好きです。

またスープだけでなく、麺も絶品。喉越しの良いツルツルした麺で、スープにつけずに食べてもしっかりと味がついていてとてもおいしいです。

食後は専用の出汁が提供され、残ったつけ汁でスープ割にすることができます。そのスープ割がまた絶品!

最初から最後までおいしさを満喫できるお店です。

デメリットは行列のすごさ

とにかく行列が凄いことです。夕方18時からオープンしていて、オープン直後はすぐに座れるのですが、1時間も経つと長蛇の列になります。

1時間待ちは当たり前。休日前や休日になると、2時間待ちなんてこともざらにあります。待ち時間が苦手だと言う人には向いてないと言えるでしょう。

また待っている際、15名程度は店内で待つことができるのですが、それ以外は外で待たなければなりません。

奈良の冬は厳しく、冬に食べたいと思った時は相当な覚悟が必要になります。

お店の席は10席程度で、麺の茹で上がりに時間が掛かるのか、回転率はやや遅め。食べるのが遅いお客さんがいたり、雑談しているお客さんがいるとなかなか前に進まないことがあります。

トッピングの組み合わせて色々な楽しみ方ができる

単純につけ麺を食べるだけでも良いのですが、トッピングの組み合わせで色々な楽しみ方があります、

スープの味を変えられるチャーシュー

まずチャーシュー。250円でトッピングをお願いすると、お皿の周りに10枚位チャーシューを盛り付けてもらえます。その姿はまるで綺麗な花のようで、とても美しいです。

分厚く切ったチャーシューの外面にはブラックペッパーがまぶしてあり、とっても濃厚な味わいです。

スープに浸すと、スープの味を少し変えることが出来るという裏技もあります。

そのまま食べるのもよし、スープに絡めてもよし。

お肉をがっつり食べたい方や、お酒のつまみにしたい方におすすめです。

ほんのりとした甘味で絶品のメンマ

次にメンマ。醤油の味付けの中にほんのり甘みがあり、その味は絶品です。

隠し包丁が入れられているので、簡単に噛み切れ、とても食べやすいです。

150円のトッピングで、これでもかと言う位に追加してもらうことが出来ます。

店内の缶ビールを飲みながら、つけ麺を食べる前にメンマで乾杯。私はいつもそれで楽しんでいます。

有名な卵?味の濃い卵

次に卵のトッピング。おそらくどこか有名どころの卵を使っているのか、普通の卵とは明らかに味の濃さが違います。

上手に半熟になっていて、卵好きの人にはぜひ追加して欲しいです。

アクセントになる豆苗

次に豆苗(とうみょう)。この豆苗が良いアクセントになっていて、スープに浸した麺と一緒に食べる事でおいしさが大幅にアップします。

苦手でなければ、豆苗のトッピングもぜひ試してもらいたいです。

お酒も揃ってます

最後にドリンク。缶のビールやハイボール、レモンサワー、ワインなどアルコール類が充実。

お酒が苦手な方にはコーラやお茶なども揃っています。

価格はすべて200円ととってもお得です。

私はトッピング類をアテにしてお酒を飲んでいますが、人によっては長い待ち時間をお酒を飲みながら過ごしたり、つけ麺を食べながらお酒を飲むなど楽しみ方は人それぞれです。

まとめ

私がハマっている事は、奈良県奈良市の富雄駅にある「あのラーメン製作所」と言うつけ麺のお店に通う事です。

店内はとても綺麗で、おしゃれなBGMが流れており、つけ麺屋さんとは思えない風貌です。

メニューは「カニスープつけ麺」と「パインスープつけ麺」の2種類で、味は正反対ですが、どちらも絶品です。

追加のトッピングのレベルも非常に高く、これでもかと言う位てんこ盛りにしてくれます。

ドリンクはすべて200円と良心的な価格。トッピングをつまみながら、お酒を飲むなどちょっとした居酒屋気分を楽しむことができます。私は週一回のペースで通うほどハマっています。